2017-08

信州方面への旅~古刹・秘境編

小布施

長野県北部に位置する信州の小京都小布施は、北斎と栗と花の町。
こちらも観光時間が少なくて、町並みを少し歩いて北斎美術館を観賞。

小京都らしい白壁の美しい町並み。
街並みに合ったお花もアクセント!

DSCN8848.jpg
紫蘭

DSCN8851.jpg
ミヤコワスレ

DSCN8858.jpg

DSCN8850.jpg
北斎を小布施に招いたとされる豪農高井鴻山邸

栗の町らしく、栗の木が美しく歩道に埋め込まれております。

DSCN8859.jpg

DSCN8854.jpg
白花シャガ

お土産屋さんは栗が中心のお菓子。
私もお茶用に、羊羹・落雁を買い求めました。

IMG_1401_20130602072829.jpg


 信州の美味しい蕎麦。
   昼食に2段重ねとは!

DSCN8861.jpg
旅行すると必ず太るんです!


善光寺長野

”一生に一度は善光寺参り”浄土宗のご本山善光寺さんです。
暑い日でしたが多くの参拝者で賑わっておりました。

DSCN8880.jpg

DSCN8875.jpg

DSCN8874.jpg
お土産屋さんが並ぶ門前通り

DSCN8871.jpg

DSCN8881.jpg
白い花が咲いていた境内のベニカナメ


”牛に引かれて善光寺参り”
”善”の字は牛の顔に見える。
”善”の冠はハトが向かい合っている。
・と、ガイドさんの説明でした。
見ればなるほど”です。

DSCN8878.jpg

 本堂で「お戒壇巡り」をしました。
真っ暗とはこういうものかと体験。
前の人を探りながら・・・、一人では怖そう!

~お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です~

11_okaidan.jpg
画像はネットから頂きました



戸隠神社

霊山・戸隠山の麓を中心に創建された二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社は長野市北部戸隠山中にあって、とても神秘的な処でした。
鬱蒼とした山奥の中に点在する社が五社。
駆け足行程で散策できたのは中社み。

DSCN8896.jpg

DSCN8889.jpg

DSCN8891.jpg

樹齢700年にも及ぶ立派な杉の大木。
御神木として奉られています。

DSCN8893.jpg

DSCN8890.jpg

DSCN8897.jpg

真っ直ぐの”すぐ”がもじられて杉になったとか。
杉の木は本当に真っ直ぐのびるのですね。


移動途中の車窓から、満開の薄紫の山藤・ニセアカシアの白い花が至る所で観られました。

DSCN8886.jpg

DSCN8884.jpg

山間部の斜面に作られているだんだん畑と集落。

DSCN8887.jpg


 山間部を通る目の回りそうな道路スパイラルハイウェイ
   天井板のあるトンネルも通過

DSCN8885.jpg

スポンサーサイト

コメント

まったく同コースだわ

小布施 善光寺 戸隠
善光寺では蔓の籠を買おうか迷っていて「お戒壇巡り」の時間が無くなりました
戸隠で竹のお炭を買ったんだわ 花入れも買って・・・
ハマナスさんのブログを見てなるほど~と思ったりして
お買いものばかりしていた私です
続きが楽しみ~

環さん こんにちは♪

> 小布施 善光寺 戸隠

思い出すでしょ^^♪
お戒壇巡りは興味半分で。
前の人に逸れないように、真剣だったわ^^;
戸隠は僅か30分の観光。
中社の階段を上って下りて、時間が無くなりました。
小布施は津和野のような感じで、良い町でした。
素敵なお休みどころで、ついのんびりしてしまいました。
栗のお菓子を買い込んできたわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/736-8146b37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます