2017-10

蒼天の中 ひらやま山開きに参加

この上ないと云うほどに晴れ渡った日曜日。
白滝町の「ひらやま」山開きに参加しました。
一昨年に続いて二度目、山仲間4名で5時北見市を出発です。

DSCN9702.jpg     DSCN9707.jpg
集合場所白滝駅舎         登山口前方には残雪が見えワクワク

今年は何処の山も残雪が多いと云われていますが,このひらやま一昨年のひらやまと比較するとかなりの残雪。
参加者は30名で、予定の行程2時間半より少し時間がかかったようです。
それに暑さもありました。
平地で28度、山頂でも22度くらい雲はなく無風です。
私も少し体調不良、出だしで足が進まなかったです^^;

神事の後8時出発です。
麓は、1,000メートル近くありますが、緑が深くなっています。

DSCN9710_20130630204351.jpg     DSCN9816.jpg


登り始めて間もなく残雪があり驚きでした。
スミレ・ツバメオモト・ミヤマカタバミがたくさん咲いています。
サンカヨウはまだ蕾。
残雪帯と渡渉を数度繰り返し滝を見て小休止をしながら、エゾノリュウキンカロードに和み、第一雪渓前でエネルギー補給。

DSCN9720_20130630204719.jpg DSCN9715_20130630204716.jpg DSCN9803.jpg

RSCN9819.jpg RSCN9817.jpg DSCN9800.jpg

RSCN9824_20130630210305.jpg

目の前に広がる雪渓に一同驚きです!
軽アイゼンを付けます。

DSCN9737.jpg

山岳会の方によりますと、第一雪渓・第二雪渓がほぼ残雪で繋がっているそう。
下から見ても上から見ても長~い雪渓急登です。
それにしてもなんと碧い空。

DSCN9738.jpg

DSCN9740.jpg

DSCN9741.jpg


振り返ると北大雪山塊の稜線もくっきり!
素晴らしい眺望です。

足を滑らせないように踏みしめて、残雪の切れる処から少しのハイマツ帯を超えると広い稜線の山頂分岐帯へ。
稜線の向こうに見事な縞模様の残雪の連邦が眼に入ってきます。
美しいですね。

DSCN9762.jpg 表大雪方面

DSCN9786.jpg
ニセイカウシュッペ(右から2つ目ピーク)方面

11時も近く多くの人が分岐で休憩ランチタイムです。
12時下山予定に間に合うよう数名の方が左・ひらやま、右・比麻良山方面へ。
私はひらやまへ、片道15分ほどの緩い登りです。

DSCN9768.jpg
ひらやまへ

DSCN9764.jpg
比麻良山方面

この路々では、雌阿寒キンバイ・チングルマ・姫イソツツジ・イワウメ・ミネズオウなど多くの高山のお花が咲いています。
まだ少し開花が遅れているようにも思われました。

DSCN9771.jpg DSCN9781.jpg DSCN9780.jpg

RSCN9823.jpg DSCN9758.jpg DSCN9779.jpg 

    
大雪方面も残雪の山並みがしっかり見え美しいですね。
今日は大雪黒岳でも山開きのようで、残雪の中を進んだことでしょう。

DSCN9774.jpg
ひらやま(1,771m)

お仲間の待つ休憩地に戻りおにぎりをほおばる。
熱い山珈琲を頂き疲れが癒える。

DSCN9754_20130630212136.jpg          DSCN9760_20130630212031.jpg
神職さんが山頂で待ち受けほら貝を吹く   お仲間(左)とハマナス



下りの雪渓は靴スキー感覚でスベル・スベル。
お尻滑りでキャー・キャーと山ガールさんたちの楽しそうなこと

DSCN9793.jpg

13時半には無事に下山。
多くのお花に逢え、雪融け水で力強く水しぶきを上げる滝に涼を貰い、雄大な残雪の山並み。
なんといっても見事なまでの碧い空。

DSCN9767.jpg


巡り逢えた”ひらやま”に感謝の山歩きでございました。

白滝町及び山岳会の皆さま、大変お世話になりありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

すばらしい山歩きというか、イベントでしたね。これほどの残雪が残っている山を楽しむんなんて、まさに夢のような感じです。空の青さと木々の緑、そして雪の白さ・・・ハマナスさんの山歩きの赤とちょうど重なって見事な世界を構成していると思いました。
 体調はどうですか、登り始めは疲れがあったと書いていましたが?

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

日曜日は本当にお天気が良くて、空の碧さが素晴らしい色でした。
今年は何処も残雪の多い道内の山のようです。
山並みの残雪シマシマがきれいで感激ですよ。
空気が澄んでいたので色合いがきれいな日でした。
 
>体調はどうですか、登り始めは疲れがあったと書いていましたが?

ご心配いただきありがとうございます。
雪渓に入る辺りから体調が戻り、いつものペースで歩けました。
先日の金曜日、お茶の稽古で炭に酔ったみたいで、体調悪かったのです。
登り始めて少ししてから血圧が下がっている感じで、足がでなかったです^^;

ハマナスさん こんにちは~

日曜日はあちこち晴れていい登山でしたね。
雌阿寒から大雪方面を見ると、武利岳は特徴があって
すぐにわかったのですけど・・・

大雪方面はどこも雪渓がよく見えました。
私もハマナスさんのように、花の名前が分かればもっと
登山も楽しいのですが、聞いてもすぐに忘れてしまって(*´Д`)

プー太の父さん こんにちは♪

日曜日は絶好の登山日和でした。
ひらやまから阿寒は見えないのですね。
武利岳の陰のようでした。
大雪方面はすぐ傍に、とてもくっきりきれいでしたよ。
>花
私もすぐ忘れてしまうのですよ。
繰り返し写真を見て覚えています^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/757-60f76517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます