2017-08

雌阿寒岳 実りの秋

8月以来時間が出来たら雨、晴れると雑用となかなか恵まれぬ日々。
今日こそは・・
11日・水曜日は見事な陽の出です。
少し寝過ごしてしまい、天気予報を確認して近場の雌阿寒岳(1,499m)に向かいます。


朝露が陽の光をを受けてキラキラ輝いてきれいです。
早朝の道路は大型貨物車が殆ど、道路は空いています。
登山口雌阿寒温泉まで75㎞ほど、準備をして7時50分出発です。
入山名簿をチラリと見ますと先行は5パーティー、早い方は6時出発のようです。

DSCN0062_20130911193127624.jpg
帰り道 林道から雌阿寒岳を望む

登山口から少し進み、急登に入りますと2年くらい前にルートを変更した所。
早くも松の根が露わになって路が荒れています。
多くの登山者が歩いていることが伺われます。

DSCN9983.jpg

DSCN9987.jpg

比較的平坦な2合目から3合目のカラマツ林。
根が露わになっています。

DSCN9998.jpg

登り進みますと赤い実・白い実・黒い実、其々実りの季節を迎えています。
一面のゴゼンタチバナの赤い実は、緑の葉と青い苔の中に鮮やかです。
木の葉も錦に模様替えを始めています。

DSCN9997.jpg DSCN0048_201309111928260b4.jpg DSCN9988_20130911193135ce5.jpg
ゴゼンタチバナ         シラタマノキ          ツルツゲ

DSCN0046_20130911192821e43.jpg DSCN0013_20130911195133886.jpg DSCN0047_201309111928242d5.jpg
コケモモ             ガンコウラン          イソツツジ

3合目1,000m付近が森林限界のようで、針葉樹から低木・ハイマツ帯に変わって行きます。
ガレ場の路になり深いハイマツとイソツツジの中を進みますと間もなく視界が開けて行きます。

DSCN0050_20130911195545590.jpg

DSCN0003.jpg


4合目で小休止、エネルギー補給。
戴いた黒砂糖をひと口、ふた口。
美味しい!力が湧いてきます。

DSCN9999.jpg

DSCN0008.jpg
視界はまぁまぁ、遠望もきれいです。

ハイマツのトンネルを過ぎると、ガレ場や大きな岩あり急登あり難所です。
ケルンに小石を積むのも楽しい♪
何個積んだことでしょう。

DSCN0019_201309111925292ca.jpg

高度を上げますと、眼下にオンネトーが碧く見えてきました。
山頂は雲が湧いていますね~
”雌阿寒岳らしい天候”というところです。
山頂展望は期待できないかな?

DSCN0020_20130911192532985.jpg

DSCN0027.jpg

ハイマツが切れる7合目過ぎからは急登ガレ場が続きます。
山頂まではもう少し、風が強くなってきました。
風に乗って硫黄の匂いが流れてきます。
火口が近づきますと火山ガスの吹き出る音がゴーゴーと凄いです。

DSCN0017.jpg


登山口から2時間、山頂はやはり雲がどんどん流れています。
早い雲の流れの切れ間から時々阿寒湖方面が覗きます。

DSCN0029_201309111927192f2.jpg

DSCN0033_20130911192721e30.jpg

DSCN0036_20130911192723cc2.jpg

対側阿寒富士方面は雲が湧き出て殆ど視界不良。
瞬間目に入った火口の赤沼。

DSCN0038_20130911192725bc1.jpg


しばらく待ってみましたが、雲は次々と湧いてきますので下山しましょう。
山頂から返しますと、また眼下に展望が広がってきます。

今日は平日ですが、多くの方が登ってきます。
20名ほどの女学生らしきパーティ。
華やかですね~

DSCN0045_20130911201753ee2.jpg

針葉樹の下に広がる青い苔や花の終わった草紅葉。
気温も程良く、低木も紅葉が始まり気持ちの良い山の中です。

RSCN0067.jpg

DSCN0057_20130911192946a21.jpg

DSCN0052_20130911192940d20.jpg


下山は11時50分。
麓の硫黄の強い温泉で汗を流し、早い時間に帰り路につきます。

スポンサーサイト

コメント

ハマナスさん こんにちは~

行ってきましたね~v-411そんなに急いで
下山するほど、頂上は雲が多かったのですか。


登山にいい季節も、あと1カ月ほどですね。
私も今年中に、もう1度雌阿寒に登りたいと思っていますが
今年もなかなか登山に行く機会がなくなってしまって
すっかり登山から遠ざかってしまいました。

プー太の父さん こんにちは♪

雌阿寒岳は昨年は行かなかったので2年ぶりでした。
登山口に着いたころ、山頂は晴れていた感じがしていましたが・
山頂は風も強くてガスが飛んで寒かったです。

大雪黒岳は8合目上が紅葉見頃とか。
昨年より早いですが、例年並みのようですね。
直ぐ雪の季節になってしまいます。
夏後半から雨の日が多いですね。
連休も今イチのお天気のようで、なかなか都合よく行きません。

風の谷・緑のオアシス

ハマナスさん、こんばんは。お久しぶりです。
風のように颯爽と行動されるハマナスさんのブログを拝見しながら、
日々の行動範囲が半径数キロ?でヘトヘトになっている私も(笑)
一緒に爽快な旅をしている気分を味わっております。

山登りや取材のようなドライブ。お茶やお花を愛でたり、お料理も・・・
メリハリのある素敵な日々を実践されてるハマナスさんに脱帽です。

私は、昨年8月28日に夫とふたりで雌阿寒岳に登ったのですよ。
思わずその時の写真を開いてみました。
思い出すとちょっぴり切なく懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

2・3合目辺りの、赤エゾ松の根張りところで、ちょっと不気味な風情の植物?を発見。
ずーっと気になっておりましたら、後で「ムラサキナギナタタケ」とわかりました。
ハマナスさんは遭遇しませんでしたか?(もう時期が終わったのかな?)
何ともいえない不思議な光景で印象的だったのです。
「不気味」などと書いてしまいましたが、食べられるきのこのようです。

雌阿寒岳は、他の山登りでは感じないような原始の風景や
噴火を繰り返した山の持つ怖いくらいの厳しさを体験したような気がします。
今度はいつ登れるでしょうか。

大雪山系の旭岳や黒岳は紅葉が始まりつつあるようですね。
ハマナスさんのさらなる山登りが続くのでしょうか?
これからも楽しみにブログを拝見いたします。
ちゃんとお体も労わってくださいね。

スノードロップさん こんにちは♪

昨年のことは忘れちゃうことが多いですが、スノードロップさんがお二人で雌阿寒岳に登った日の ことを、コメント下さったのはよく覚えております。
体調万全ではないご主人を良くサポートされ素晴らしいことです。
雌阿寒岳は森林地帯は深い原始林。
突然森林がなくなりガレ場の急登へ。
山頂火口からのモクモクとした噴煙と、怖い感じのする山ですね。

樹林帯の中では、赤や黄色と色鮮やかなキノコがありましたよ。
ムラサキは見落としたかもしれません^^;
松の根も不気味な感じに出ておりますね。

今年は山歩きも少な目。
何かと雑用に追われてしまいますし、雨の日が多いです。
私は何処で手抜きをしているかと云いますと・・
掃除は気が向いたら、草取りも気が向いたら。
あとはてきと~に(笑
好きなことはそこそこに。
アバウトな日々です´Д`;

来週はお天気を見て大雪山に行けたらと思っております。
のんびりしていたら、紅葉はすぐ通り過ぎてしまいそうですね。

ニュースで大雪山の紅葉が報じられていました。
いよいよ秋ですね。
こちら東京は,まだ30℃を超えて,半袖シャツ,Tシャツで歩いています。
雌阿寒岳。
オンネトーから見たその山を思い出しました。
秋を楽しめるのも,あと1ヵ月あるかないかでしょうね。
錦秋に輝く山を歩き回る,これからのご活躍を楽しみにしています。

雌阿寒は青年時代にオンネトーにキャンプして2回くらい登ったことがある。
そのうち一回はバックストレッチのあるサンダルで。。。。
若い時はバカだった。。。あ、今もそうか。。。。。

Mr.ロンリーさん こんにちは♪

雨続きですが大雪は紅葉が進んでいるようです。
平年並みと云う事です。
昨年が遅かったですから、ついまだまだと思っていました。
お天気が悪くて、なかなか山も行けないのですよ。
台風、お気を付け下さい。

怪鳥 さん こんにちは♪


>そのうち一回はバックストレッチのあるサンダルで。。。。

今は道が荒れて、油断したら木の根につまずくし・ガレキで歩きずらいですからサンダルは無理!ですね。
若さは怖いもの知らず”
温泉側からまた登って下さい。

山はいいですね

誰かさんのコメント”取材のような”そして
お茶と山、いや!山とお茶、料理、理想のご生活。

お蔭で、プログ楽しませて頂けます。

”火口の赤沼”実際に見たいものです、でも永久に
実現しません。だってクマが怖いんです。当方
2か月半の夏旅終え土曜(7日)帰宅しました。
阿寒、摩周、津別、結構滞在したので、自分で撮った
デジカメと当プログ楽しみ倍加です。予定通り紋別に行き
(今年は北見市内は通過せず)焼尻、天売を歩き小樽から
帰宅しました。昨日台風18号がやや近くに上陸でした。

プログユックリ見直しさせて頂きます。
お元気にお過ごし下さい。

tabisuki さん こんにちは♪

あれもこれもと、つい取材しております^^;
何かしていないと落ち着かない暮らしになってきたような・・
今年に入って茶道が主の生活になりつつあります。
山歩きにしわ寄せがいきます。

今年の夏は半分晴れ、半分雨と云った感じだったでしょうか。
後半はお天気が続かなかったですね。
>焼尻、天売
ずいぶん昔に一度行きましたが、懐かしいです。
台風に行きあわずに良かったですね。

大雪黒岳は5合目まで紅葉が下りています。
来週は是非予定を組んで行くつもりです。
北海道は何処もクマがいます。
でも、クマの餌場に突然入らなければ、行きあうことは殆どないと・思っています。
知床のクマは人を恐れなくなっていますので難題です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/801-0d227681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます