2017-06

白雲山登山

大型の台風が上陸しそうです。
大きな被害が出そうで心配です。

月曜日(7日)は、晴れたら峠の紅葉を観たいと思っておりました。
素晴らしい朝陽が昇ってきました、良いお天気です。

DSC_0189_201310072104220a1.jpg 置戸町にて

DSC_0191_20131007210424a97.jpg 朝靄に霞む緑肥用ひまわり

三国峠周辺を予定していましたので、折角ですから近くの白雲山に登ってきました。
白雲山は鹿追町然別湖を見下ろす標高1,186m、登山口標高812m、標高差374m。
比較的短時間で登ることが出来そうです。

糠平温泉郷から幌鹿峠を越え然別湖畔に出ます。
湖岸沿いの細い道をうねうねと進みます。
白雲山対側の展望は良さそう。

DSC_0195.jpg

南岸まで下り標識に従って進みますと、すぐ登山口が見えます。

DSC_0196_201310072204517c6.jpg

DSC_0198_201310072106245f6.jpg

駐車帯は釣りの人の車で混んでいました。
入山名簿ではこの日最初の登山者は私?でした。
後続におじさんが一人。
登山口にたくさん人がいましたのは釣り人のようでした。
霞んでいますが、湖は穏やかです。

DSC_0199.jpg 然別湖

8時10分、準備をして標識に従い登り進んで行きます。
そこそこの急登をジグを切って登って行きます。
ゴロ石と木の根の出た道です。

DSC_0201_2013100721062589c.jpg

DSC_0202_20131007210627d7a.jpg

ゴゼンタチバナ・ツルリンドウ・ツルシキミの赤い実がきれいです。

DSC_0245_2013100721170360d.jpg DSC_0212_20131007210709940.jpg DSC_0208_201310072107084f8.jpg 

紅葉の木立の間から湖が見え隠れ。
陽射しを受けて、尾根に出ます。

DSC_0206_20131007210427a2a.jpg

DSC_0209.jpg

緩やかな尾根筋をどんどん進んで行きますと、正面に白雲山頂がガスに包まれて薄ら見えます。
少し下ってコルから岩場の登りです。

DSC_0214.jpg

DSC_0219.jpg

分岐に出ます。

DSC_0222_2013100721082329b.jpg

間もなく頭上が開け岩場が見えます。
山頂の岩場です。
足場を確保して登って行きます。
前方は青空で期待したのですが・

DSC_0227_20131007210825f56.jpg

DSC_0229_201310072108273c5.jpg

1時間10分ほどで山頂です。
山頂の展望はガスで真っ白!
白雲ですね。
それでも、風はなく穏やかで暖かです。

DSC_0240.jpg

DSC_0241_20131007212349c56.jpg

登って直ぐは山頂から湖がきれいに見えていましたが、間もなくガスに被われてしまいました。

DSC_0231_20131007212441805.jpg 紅葉につつまれた然別湖と温泉街

DSC_0230.jpg

少しして山頂に着いた後続の方にシャッターを押して頂く。
後続の方とお話しながら霧が晴れるのを期待して休んでいましたが、なかなか晴れそうにありません。

DSC_0243_20131007212350337.jpg

展望山の展望もないので、もと来た道を引き返します。

DSC_0242.jpg

落ち葉がハラハラと散ってきれいです。

DSC_0247_20131007210957ec2.jpg

山頂展望は今イチでしたが、晩秋の山を無事に楽しんで参りました。

スポンサーサイト

コメント

 ・・いゃーっ、ありがとうございました・・!!

 私にとっては20年ぶりの触れ合いとなる白雲山の登頂情報。このうえもない懐かしさで拝見いたしました。

 だって、私が登山とは全く無縁であった57才のとき、職場の厚生行事で白雲山に登ることとなり、その辛さと・疲れの訴えは呆れるばかり。
 そして、ようように下山したとき、共に登った仲間から「少し訓練して・一緒に登山を楽しみませんか・・」との誘い・・。
 そこで答えた・即座の返事は、「こんなに辛い山歩きなんて・絶対にしません。誰がするもんですか・・!!」だったのですョ。

 それが、他の事情も絡んで・山にはまり込み、今日の山好きになったのですから
血の熱くなる思い出の原点でもあるのです。

 ・・白雲山、貴女のご紹介を・何度も何度も眺め読みして、かつての自分を思い返しているのですから、重ねて・ありがとうと云わせてください。
 

仁頃山のS さん こんにちは♪

>白雲山

仁頃山のSさんにとっての原点、想いで多き山だったのですね。
初めての登山は山頂が果てしもなく遠く感じられます。
私の山歩き歴を思い起こしますと、小学校の遠足で汗だくでふる里の低山イワケシュ山。
20代で斜里岳に感激。
その後ブランクがあり、5年前仁頃山に登った時、山頂がなかなか見えなかったことが懐かしく思い出されます。

先日の白雲山は遠望は望めなかったですが、眼下に然別湖が真っ碧に姿を見せ素晴らしい眺めでした。
拙い山歩き日記でしたが、嬉しいコメントをありがとうございました。

元気いっぱい!

深まりゆく秋の登山 しっかり楽しんでこられましたね
お一人で行くところがすごいわ
岩場とゴロ石と木の根、気が抜けませんね
樹間の湖 真っ赤な木の実 元気をもらえますね
頂上からは然別湖が真下に見えるなんて素晴らしいわ
お元気そうで満足げなお顔を拝顔させていただきました
私は昨日は自然観察会で定山渓だったのにパス
来週のニセコも無理そうです
今年は紅葉拝めそうにないのでハマナスさんのお写真で楽しませていただきます

環さん こんにちは♪

然別は遠かったです。
道中の運転が長くてやはり疲れました^^;
白雲山は比較的短時間で登ることが出来るポピュラーな山。
山頂は大雪白雲岳のような岩場。
山道はゴゼンタチバナロードで、花の咲く時期は素晴らしいでしょうね~
そんな時季にも登ってみたい山です。
眼下の湖もきれいでした。

こちらはそろそろ平地に紅葉が降りています。
モミジが紅くなるときれいでしょう。
今は黄色の白樺・ハルニレの木が先行しております。
すぐ冬になってしまいますね~
ご多忙の中、コメントありがとう!

白雲山、ハイキング感覚で登れるんですね。紅葉も楽しめてよかったです。山頂でのセーター姿、お一人なのがちょっと残念。私が後ろに立ちましょうか! (笑)

ゆうしゃケン さん こんにちは♪

遥々遠く、然別湖畔(家から140Km)の山 まで行ってきました。
一人、優雅に登ってきましたよ^^♪

>私が後ろに立ちましょうか! (笑)

まぁ~、是非是非!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/813-084d8893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます