2017-10

カムイヌプリを歩く

23日は24節気の「霜降」、霜が降るころ。
内陸では氷点下の処もあり、冷え込んだ朝になりました。
向かう弟子屈・川湯方面はマイナス3度と出ておりました。
当地も気温が下がり、外に出しておいた車の窓が霜で凍りついています。
その分お天気は良さそう!

7時を回ってカムイヌプリ(摩周岳 857m)に向かいます。
郊外の畑作地帯は朝霧で視界不良。

屈斜路湖の雲海は消えつつありました。
こちらもお天気は良さそうです。

DSCN9978_20131024121453c37.jpg
美幌峠から


摩周第一展望台有料駐車場に入り、9時登山口出発です。
この時季の摩周岳周辺は、虫がいなくて快適に歩けます。
夏は虫が纏わりついてかないません。

DSCN9981_20131024121750673.jpg
駐車場から登山口へ

晴れ無風、気温は6~7度くらい。
歩いているうちに汗ばんできます。
登山口を出て間もなく、摩周湖・摩周岳・斜里岳がきれいに瞳に入ります。

DSCN9985_201310241217529fe.jpg 美しい碧色です 右端の尖った山に向かいます


摩周岳は摩周湖の外輪山を緩やかなアップダウン繰り返し、ぐるりと巻いて最後は急登になります。
標高差(311m)は小さいですが、距離は7,2㎞と結構なロングコース。
登山道は笹刈りもされ葉も落ち、見通し良く歩き易いです。

DSCN9988_20131024121753490.jpg


前方の小山を越え少し下ると第一展望台。
登山口から4,2㎞、約1時間です。
縦走路のある西別岳から、阿寒方面の山並みの展望が広がります。
ここからは逆三角摩周湖が見えます。

DSCN9996_20131024122844314.jpg

DSCN9999_20131024134131fbc.jpg

DSCN9993_2013102412284297b.jpg
来し方を振り返ります


眺望を楽しんで笹原の緩い登りに差掛りましたら、前方にお行儀よく佇むキタキツネさん。
しばらくの間、道案内をしてくれましたよ。
立派な冬毛の子ギツネです。
そのうちに飽きたのでしょう、笹原の中を飛んでいきました。

RSCN0094.jpg

DSCN0004_20131024134458d39.jpg

西別岳への分岐に出ました。
摩周岳もいよいよ近づいてきました。

DSCN0009_20131024134605cf1.jpg

DSCN0014_20131024134731484.jpg

日陰斜面や登山道には、先日の雪が融けずに残っています。

耳にしていた通り、この辺りから山頂まで夏の間に登山道が整備され石が組まれました。
山頂まで400m地点からは急坂になりますので、こちらはしっかりした石段が組まれております。
段差は小さくて足が運びやすいです。
自然のままでとは云え、登山者も多く路が荒れてきますね。
重労働を思い感謝して足を運びました。

DSCN0011_20131024134730520.jpg

DSCN0016_20131024135112e81.jpg

DSCN0042_2013102413540871d.jpg
山頂付近の急斜面

2時間10分で山頂です。
摩周湖の色がきれいです。
斜里岳から武佐岳方面は雪で真っ白です。
先日の台風で一気に雪を引き込んだのですね。
晩秋から初冬への素晴らしい眺望です。

DSCN0031_20131024135405136.jpg

DSCN0029_2013102414190984e.jpg

途中で追い越した方1名、トレランで追い抜いていった方1名と、山頂直下で下山者3名と行き交わします。
先行の方とお話に花が咲き山頂で40分近く過ごしてしまいました。
気温は11度くらいですが、風はなく暖かです。
雲が湧いてきました。
11時50分、日没も早いので引き返しましょう。
帰り際、追い越した方が到着。

西別岳分岐で単独女性がお食事中。
西別岳~摩周岳折り返しの方でした。
お菓子を頂いて私も小休止。

DSCN0015_20131024140255db7.jpg
木立の間から冠雪の武佐岳方面


冬のハナワラビが路々に見えます。
こんな可愛い小鳥さんが姿を現しました。
こまどりさんかな・

RSCN0091.jpg


13時40分無事登山口に戻り、美しい眺望に感謝の山歩きでした。
摩周湖周辺は雲が多くなってしまいましたが、川湯温泉に入ると青空がきれいでした。

この後は温泉で汗を流し、屈斜路湖岸の見事な紅葉ロードを楽しみました。
紅葉ロードは次回に・
スポンサーサイト

コメント

コマドリさん!!

いやー素晴らしい眺望に息をのみました
絶好の登山日和 秋の山を満喫されましたね
でも、7,2キロはながいですね~
行き交う人も少なくお山を独り占めという感じですね
こんな気持ちのよさそうな登山を経験してみたいです
そしてコマドリさん
はっきり写って、間近なのですか
ヒヒーン カラカラ 声は聞こえても姿を見せてくれない小鳥なのに
ハマナスさんに挨拶に出てきてくれたようですね 子ぎつねさんもネ
続きの紅葉ロード楽しみにいしていますv-34

環さん こんにちは♪

月末に山仲間と行く予定だったカムイヌプリですが、仲間の都合がつかず今年は単独行。
平日だったので登山者は少な目お天気は良く、最高の山歩きでした。
この時季は虫もいないのが何よりの摩周岳です。
少しロングコースですが、摩周湖と根釧原野を楽しみながら退屈しません。
西別岳からの縦走者も多い摩周岳です。

コマドリさんに遇えたのはとてもラッキー!
滅多に見かけない鳥さんですからね~
鳴き声は聴こえなかったですが、前方間近にカサカサと横切るものを発見!
木の枝に止まってポーズをしてくれたのですよ。
キツネさんも人慣れしているようで、しばらく同行していました。
山ではこんな楽しいことがありますね。

私も今年は茶道の行事が多く、山歩きが少なかったです。
先日の台風の影響で、東大雪の林道はがけ崩れ・倒木などかなりダメージを受けているようです。
当地市民憩いの仁頃山でも、雪による登山道への倒木がかなりあるよう。
仁頃山へも行きたいのですが、雑用多くなかなか足を運べません。

摩周岳山行報告ありがとう

>登山口を出て間もなく、摩周湖・摩周岳・斜里岳がきれいに瞳に入ります。
いとも簡単にこの見晴らしゲットですか!
”クマ”の怖い私は駐車場がゴールで道の駅摩周温泉から往復ウォークでした。
途中雨だったので霧で見えない予想の全体が少し休憩していると、全面の木が見え始め、やがて手前の湖面‥そして全体がスッキリ。素晴らしい霧の流れに遭遇出来ラッキーでした。
虹のアーチは親孝行のご褒美でしたね(失礼)。愛知も朝の最低が10度になり、朝のウオークで見かける公園のまんさく科のアメリカフウが一部赤く染まりだし、私の行くスーパーは北海道産玉葱、南瓜‥玉葱を刻み乍ら旅を想いだし、ハマナスさんのプログで、その想い出を倍加させて頂きます。
お元気に冬に向かって下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

tabisukiさん こんにちは♪

晴れそうな日を確認していきますので、殆どは綺麗な摩周湖を見ることが出来ます。
秋から冬にかけては時期的に良いです。
夏場に摩周湖が観られたのはラッキーでしたね。
独特の霧の流れも観られます。

>”クマ”の怖い私は駐車場がゴールで道の駅摩周温泉から往復ウォークでした。

クマさんは滅多に出てこないと思いますょ^^
>道の駅摩周温泉から往復ウォーク<
これはかなりの距離!
私なら片道でダウン^^;
本州の紅葉は来月中旬くらいからでしょうか・
オホーツクの平地でははそろそろ見納め。
こちらの農家さんは、最終になるビート(甜菜)の収穫で大忙し。
日暮れが早いですから急かされますね。

今日通った山道には、先日の雪が残っていました。
どんな冬になるでしょうね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/822-de4cdf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます