2017-10

北見市若松三角山

連日気だるくなるような好天続き。
暦も3月へ、春に向かって一直線”という感じですが、あとひと雪・ふた雪くらい来るのでしょうね。

こんな良いお天気ですから、北見市近郊低山歩きです。
火曜日は午前に所用を済ませ、盆地南側に伸びる市民若松スキー場の山頂部三角山です。

三角山は356m、施設から標高差約200m、距離950m。
スキー場のすぐ上なので時間も短くて歩けるかもしれません。
スキーコースの天辺に三角の山が小さく見えます。

DSCN0264_20140226152028239.jpg

スキー場の山に向かって右端のコースの、右端っこを歩いていきます。
そりコースの上からスノーシューで登って行きます。

DSCN0265_20140226152030bdc.jpg

だんだん傾斜がきつくなってきました。
スキーをする方はこんなに斜度のキツイところをスイスイ滑るのですね。

DSCN0267.jpg

ゲレンデの端っこをツボ足で登って行きます。
休み休み歩きます。


今頃スキー場を歩いているおばさんは不審者?
パトロールの方に呼び止められました。
”どこへ行くの”
「はい、低山歩きで三角山まで往復します」
”三角点までね、端の方を歩いて下さい、写真も撮るの・”
こんな会話をして、パトロールの方は颯爽と滑り降りていきました。
スキー場の方は”三角点”と言っていました。

DSCN0269_2014022615205746c.jpg

コース先端に出ますと三角のコブと反射板が見えます。
これが三角山(三角点)なのですね。

DSCN0273_201402261521319c4.jpg

DSCN0272_20140226152102a44.jpg

スノーシューを付けて直登します。
先日の吹雪で吹き溜まりになっています。
ずるずる滑りながら反射板に着きました。

DSCN0279_20140226152136c19.jpg

ここは山頂ではないようです。
まだ先に赤い鉄塔と小屋があります。
GPSでは先鉄塔辺りが本物三角山(三角点)でしょう。
朽ちかけた小屋に動物が出入りいている足跡が沢山あります。

DSCN0280_20140226152138610.jpg

DSCN0282_2014022615220752f.jpg


頂上に「山火注意」の鉄塔が建っています。
標識のようなものは見当たりません。
杭がありましたので、これが山頂でしょうか。
GPSでもこの辺り。
結構雪深いです。
50分もかかって上りました。

DSCN0285.jpg

DSCN0283_201402261522094f4.jpg

DSCN0286_201402261533063f3.jpg


樹木が茂って展望は枝の隙間から微かに。

DSCN0288_20140226152212c46.jpg

DSCN0289.jpg


スキー場の音楽を聴きながら少し休憩。
穏やかな日和です。

スノーシュー、ツボ足を交互に、スキーを楽しむ人を横目に下りて行きます。
こちらは長いコースで滑り応えがありそう。

DSCN0271.jpg


真っ青な空が続きます。

DSCN0296_20140226152256b05.jpg


スポンサーサイト

コメント

スキー場~!ホントに懐かしいです。一時はスキーで随分通った場所です。後に端野町のスキー場に移動しましたが。娘が子供の頃にもよく行きました。
懐かしい写真をありがとう。

Roo-popさん こんにちは♪

雪のない生活が続くと、白銀の世界が尚懐かしいことでしょう。
先日の吹雪で積雪も増え眩しい白です。
このところお天気も良くて、連日オホーツクブルーの美しい空です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/896-fccbd2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます