2017-06

活気づく浜

オホーツク海では育てる漁業、ホタテの稚貝放流が行われています。
放流作業は、北の宗谷方面から順次南の網走へ移動してきます。

11日、紋別港に立ち寄った時の作業の様子。
晴天、夏日でした。

DSCN0386_20140521192556ead.jpg

DSCN0378.jpg

DSCN0385.jpg


大時化で延期になっていたサロマ湖方面常呂漁協は、21日(水)が放流作業初日のようでした。
浜の町からサロマ湖へ廻ってみましたら、漁港は作業船が行き交い活気にあふれていました。

DSC_2371_201405211904301e7.jpg

DSC_2378_201405211904314db.jpg

DSC_2381.jpg

稚貝はサロマ湖糊口を出て外海に放流されます。
オホーツク海はうねりも治まり穏やかになりました。

DSC_2448.jpg


ママチャリドライブで砂州(竜宮街道)第二糊口まで、往復8㎞を走ってきました。
砂州は今は殺風景ですが、あと1ケ月後くらいにはハマナスなどが咲き賑やかな花ロードになります。
 
DSC_2423_201405220456479f5.jpg

第二糊口では橋の架け替えが行われています。
立派な橋ができそうです。

DSC_2453_201405211911557e0.jpg

DSC_2451.jpg

糊口外海付近は変則的なうねりがあるようで、行き交う船の波しぶきが凄く迫力あります。
外海にうねりがあるときは危険ですね。

DSC_2434.jpg

DSC_2449.jpg
作業を終えた漁船が続いて帰ってきます

湖側は穏やかです。

DSC_2445.jpg


浜の気温は10度くらい。
海から吹いてくる風は冷たく、体感的には一桁気温の感じです。

第二糊口からの帰りは、原生花園のお花・野鳥探索。
お花はまだポツポツ。
ハマハタザオ・スミレ・キジムシロといったところ。

DSC_2459_20140521171138199.jpg CSC_2472.jpg DSC_2392.jpg

浜のお花たちは少し遅れ気味のようです。


砂州の原生花園では夏鳥たちの囀りが賑やかです。
ノゴマ・ノビタキ・ヒバリ、みんな一生懸命!

CSC_2538.jpg CSC_2475.jpg CSC_2532.jpg

子育ての準備ノビタキかあさん。

CSC_2482.jpg

こちらはどなたでしょう。
背羽根がきれいです。

CSC_2469.jpg
カワラヒワ?

CSC_2470.jpg
ベニマシコ?

干潟には、イソシギ?がノンビリと。
シギ・チの見分けは難しい!

CSC_2528.jpg

緑の草原では牛さんもノンビリ。

DSC_2527.jpg
美味しそうなお乳たっぷり! 重たそう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/939-4c5f79d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます