2017-10

北大雪ニセイカウシュッペ山に登る

連休初日の19日、今年の山行予定の一つ、表大雪を一望できるニセイカウシュッペ山(1879,1m)を歩いてきました。
午後になると雷雨注意報の多かったこのところ数日。
朝はうろこ雲が広がりまずまずの空模様。

DSCN0062_201407201336105d7.jpg


丸瀬布から高速に乗り浮島でR273号に降り、中越を少し過ぎて分かりやすい案内板に従い砂利の細林道に入ります。
古川砂金越林道に入り鍵ゲートを通過。
ゲートの鍵番号は、上川中部森林局上川森林事務所に問い合わせ予め確認。
水捌けの為、道路につけられた段差溝を70個ほども越え登山口です。
13,4kmの林道通過は結構時間がかかります。
林道には見ごろの山紫陽花が爽やかです。

DSCN0067_20140720133611be3.jpg DSCN0068_20140720133613c29.jpg DSCN0070_20140720133614d96.jpg

DSCN0214_20140720133823212.jpg

広めの登山口駐車場には既に7台の先行車。
入山名簿に記入07:35 出発、標高差779m山頂まで行程5,5kmです 。
緑に包まれた歩き易い緩斜面を進みます。

DSCN0213_20140720133822b50.jpg

DSCN0072_20140720133849085.jpg


緑が深くとても気持ちが良いです。
昨日はスコールがあったのでしょう。
露を含んだ溝ホオズキがきれいです。
路々の行程表示が有難いですね。

DSCN0212_201407201342240c8.jpg

DSCN0079_20140720133853248.jpg     DSCN0083_20140720133855ff6.jpg

緩やかに高度を上げ1,500mを越えた付近では、木立の間に左手には山頂から延びる稜線、前方に大槍・小槍の荒々しい山影が見えます。
アイヌ語の山名は「断崖絶壁の上にある山」
確かにそんな思いが致します。

低木帯に入り気温は22度くらい、湿度は高く蒸し暑いです。
しかし、路々には高山で咲くお花がかわいらしくお目見え癒されます。

DSCN0096_20140720134853063.jpg DSCN0098_20140720134854e8a.jpg DSCN0090_2014072013422221e.jpg
                                  蝦夷ウサギ菊   

DSCN0093_2014072014320071.jpg DSCN0094_201407201843237cd.jpg DSCN0105_20140720184323580.jpg
モミジカラマツ


1時間30分で登山口から3,5km(標高1,588m)地点の見晴らし台に着き、展望を楽しみ休憩。
表大雪の展望は稜線に長い雲の帯、左前方には層雲峡朝陽山に通ずる大槍・小槍の稜線。

DSCN0108_201407201600005f8.jpg

DSCN0112_20140720160001749.jpg

ここから大槍基部、谷へ切れ落ちる北の急斜面を巻いて行きます。
ダケカンバの枝で騒がしくツツ鳥。
チシマノキンバイソウの咲き乱れる急登をゆっくり進みます。

RSCN0216_20140720135642cd9.jpg

DSCN0126_2014072013535841f.jpg

急斜面に出るところで先行パーティに追いつきます。
切れ落ちる斜面一面のお花畑。
見事です!

DSCN0135_2014072013590857b.jpg

DSCN0133_201407201549428cf.jpg
前方には荒々しい大槍

DSCN0141_2014072015494460b.jpg

同行相棒がへタレている間に写真を撮りまくり。 

DSCN0136_20140720145801710.jpg

DSCN0138_201407201458032ea.jpg DSCN0150_20140720145804693.jpg DSCN0151_20140720145805f8f.jpg

DSCN0159_201407201459007f8.jpg DSCN0152_20140720145807c49.jpg DSCN0147_20140720150400806.jpg

DSCN0149_20140720150223cc3.jpg

路が安定したところで先行の方々に先を譲って頂く。

DSCN0146_20140720150653cde.jpg



大槍基部のコル付近は日当たりも良く花は進んで、咲き終わったチングルマの花穂がそよいでいます。
斜面にはまだ咲いているチングルマ・チシマノキンバイソウが見事です。
谷から吹き上げてくる風がとても爽やか。

DSCN0166_201407201512599e7.jpg

DSCN0165_20140720151257a52.jpg

ここから左手前峰をトラバースして、間もなくニセイカウシュッペ山頂です。
ハイ松帯の間にイワブクロ・チシマギキョウ・リンネソウが可憐です。

DSCN0167_20140720151300255.jpg

DSCN0177_201407201518437d5.jpg DSCN0173_20140720151839a12.jpg DSCN0174_20140720151841efc.jpg

荒々しい巌尾根、通称アンギラスに続く平山方面は視界良好。

DSCN0201_20140720160241ce8.jpg

DSCN0199_20140720160241b93.jpg


青々としたウラシマツツジを見て2時間45分で山頂です。

DSCN0181_2014072015221786d.jpg

DSCN0169_20140720160238062.jpg
来し方向を振り返ると大槍と向こうに表大雪

百名山を登り終えたという、群馬から御年78歳の道内山旅ご夫婦。
いやいや素晴らしいです。

DSCN0188_2014072015403888d.jpg


賑わう山頂で40分ほど談笑しながら、昼食と展望を楽しみます。
もう下りるのですか?”と言われ、後ろ髪を引かれながら11:00下山です。

DSCN0198_201407201522196b4.jpg

撮り足りない花をカメラに収めながらの帰り道です。
多くの登って来る人々と行交わします。

DSCN0160_20140720153357315.jpg

DSCN0206_20140720155529742.jpg
荒々しい断崖を見下ろしながらも 穏やかで女性的な山だと思いました


12:50 無事登山口に到着。
丸瀬布の温泉で汗を流して帰宅です。

お天気にも恵まれ多くのお花たちに逢え、素晴らしい展望に感謝の山歩きでした。


スポンサーサイト

コメント

夏ですねぇ~!

その後すっかりご無沙汰でごめんなさい。
どうして痩せたのかわからないのですけど、半年続けた薬がつらかったのが弾みになっちゃったと思うのですが…。
環さんにもふくよかだったわよねぇ~と上手に言ってもらって(笑)でもこのくらいで普通になったのでは?と思っています。
ピロリ菌でひっかかったのでいろいろあって来月末から治療予定です。

…とまぁ~こんなところで近況報告ですが、ハマナスさんの山行き、素晴らしいですね。
風景もさることながらいろいろな出会いも楽しいものですね!
しっかり堪能させていただきました!

miyさん こんにちは♪

その折はありがとうございました。
とてもスリムになって見違えましたけれど、お元気そうで良かったです*^^*
来月末からの治療、順調にいくと良いですね。
久しぶりの登山らしい大雪の夏山。
楽しんでまいりました^^V

いや~、素晴らしい夏山登山でしたね。景色と色彩に溢れてる。高山と言うか、北海道でしか味わえない山旅だと思いました。カメラワークも良いし、皆さんの笑顔も喜びに溢れてました。うらやましい・・・私も頑張れば良いのでしょうけど・・・口ばっかしで!(笑)

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

前日のスコールが塵を流してくれたのでしょう。
清々しくすっきりの山でした。
大雪は高山のお花も多く素晴らしいです。
この山は距離はありますが、暖斜面で歩き易いです。
お花も見事で笑顔になります。
九州はいよいよ暑くなってきましたね。
本州から逃れて、道内旅をしている方が多いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/965-e67db8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます