2017-08

大雪紅葉巡り三連荘は高原沼

大雪山の紅葉も、今週くらいがピークになるでしょうか・
21日は風もなく、雲一つない蒼空が広がり絶好の登山日和。
紅葉の名所、大雪高原沼巡りをして参りました。


石北峠を過ぎた辺りから、冠雪の山並みが前方に見えワクワクします。
先日の雨は、山は雪になったのですね。

DSCN1781.jpg

シャトルバス亭駐車場に着いた7時半にはかなりの台数の車。
8時半入山届けと、ビジターセンターにてクマさんレクチャーを受け出発です。


紅葉の進んだ路を進んでいきます。
乗ってきたバス一台40名近くが、殆ど沼巡りです。

この日は右回りで一周(7㎞・標高差250m)の予定です。
時々クマさん優先で、途中の沼引き返しという日が多いそう。
この日は運がよく一周可能 (^^v

IMG_0506_20140923070553165.jpg


沼巡りというだけあって、このルートは湿地ぬかるみドロドロです。
足元は長靴が良いですね。
登山口から30分ほど歩き、少し高度が上がり沼が現れました。

DSCN1804.jpg


滝見沼の錦が現れ、登山者の皆さんの歓声が聴こえます。
風はなく沼に映り込む錦の紅葉もお見事!
振り返れば冠雪の山並み、美しい世界です。

DSCN1823.jpg

DSCN1806.jpg

緑沼からの絶景!
この沼からの展望は素晴らしかったです。
真白く冠雪した山並みが一段と彩りを添えています。

DSCN1836.jpg

DSCN1839.jpg


先へ急ぐ心を抑え、紅葉・黄葉の登山道をゆるく高度を上げていきます。

DSCN1841.jpg

DSCN1850.jpg

うっすら白く高根ヶ原の稜線が前方に見え、かなり高度が上がってきました。

DSCN1852.jpg

エゾ沼の紅葉も見事です!
淵を廻り込んでいきます。

DSCN1861.jpg

DSCN1862.jpg


次々と見事な沼が現れます。
式部沼が見えてきます。

DSCN1877.jpg

DSCN1881.jpg
湿地ぬかるみで、この日は長靴トレッキングのハマナス

前方右手に緑岳、奥に真っ白な旭岳あたりでしょうか・

DSCN1884.jpg

さらに進んで大学沼の絶景です。
平ヶ岳の残雪の白も美しい!

DSCN1886_201409230610214f9.jpg

DSCN1888_20140923061022701.jpg
多くの方が楽しんでいます。


最高地点高原沼の眺望です。
一点の曇りもなく澄んだ蒼空も見事!

DSCN1892.jpg

少し小高いところにて休憩。


DSCN1898.jpg

この上が最高地点(およそ1,500m)で折り返しの中間点になります。
素晴らしい眺望です。

DSCN1895.jpg

眼下には黄葉で縁どられた大学沼。
遠くの稜線もくっきり。

DSCN1889.jpg


左前方に雪をはらりと被った緑岳。
裾野に広がる紅葉が見事です。
暫く緑岳を見ながら少しずつ下って行きます。

DSC_3192.jpg
DSC_3193.jpg

DSC_3204.jpg

見上げると三笠新道に続く高根ヶ原稜線にも白く冠雪の筋。

DSCN1902.jpg

DSCN1903.jpg


コースの最後の沼、空沼の淵を大きく回り込んで、黄葉のナナカマドのアーチの中を巡って行きます。

DSCN1913.jpg

DSCN1915.jpg

DSCN1930.jpg

岩場の渡渉あり急坂あり。
下りは変化の大きいコースです。

DSCN1927.jpg

DSCN1929.jpg


コースには硫気孔が処々にあり、気温が高いところではリンドウなどが活き活きと咲いています。
紅葉を楽しみながら進むうちに、12時登山口に到着です。
ぐるりと沼巡り、素晴らしい展望に感謝の一日でした。

DSC_3200.jpg

DSC_3210.jpg

DSC_3212.jpg


一週間経って通った同じ道「R273」、白樺の黄葉が進んでいました。

DSCN1934.jpg

長々お付き合いありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

すごすぎ!

ハマナスさんこんばんは!
紅葉のニュースや道東方面の方々のブログを拝見していると
ワクワクしっぱなしの数日です(^_^;)
いつごろどこになら行けるかしら?なーんて考えちゃったりして…。
なかなか夫と日程が合わず決められずにいます。
でもこうしてハマナスさんのブログ記事を拝見して
満足できちゃうくらい素晴らしい風景。
お天気もですがやっぱりハマナスさんのカメラの腕前も最高に素敵です!
虹も美しいですね。
こちらも同様に二日続けてアーチがかかりましたよ♪
札幌方面よりうんとこさ、秋の早い道東オホーツク。
冷え込みもきつくなることでしょう。
山のお疲れがでませんように~(^_^)/

miyさん こんにちは♪

オホーツクは、いよいよ秋が深まってきました。
今秋は週末お天気に恵まれ大雪通いです。
暗いうちに出ていくと寒いんですよ(笑)
21日の大雪山は山頂が真っ白で綺麗でしたね。
黒岳に上った方のお話…ザクザク雪の中を歩いたとか・
北見近郊も、街路樹や山が彩りを増してきました。
今年は茶色くなった葉っぱが余りないので、綺麗な紅葉が見られそうです。
大雪は十年に一度”と盛んにPRしていましたね。

先日は虹が続けて撮影できたのはラッキー!
最近は専らコンデジ(nikon coolpix)
記録写真なら手軽で良いです。
動物や花を写したいときは、一デジと2台持っていきますがやはり重たいです。
2台首に下げていると、ガチャガチャカメラがぶつかってね~
今日はお彼岸の中日、オトナシク墓参に行っていました^^;

10月初旬には阿寒・知床方面も紅葉見ごろになって行くでしょう。

ハマナスさん おはようございます

天気も最高で素晴らしい紅葉を楽しめましたね。
白い雪と紅葉のコントラスもきれいですね。
あのニヒルな女性はハマナスさんでしたか
長靴がよく似合っていますよ(´▽`*;)

私はプー太の面倒をみないとならないので
あまり遠くに行けなくて、仁頃山で我慢してました。
女房が去年まで行ってた仕事先から
人手不足のため、今年も頼まれてしまって(玉ねぎ選別)。
ですから、楽しみにしていた旅行も遠い山も
女房の仕事が終わる来年4月ころまでお預けになりました。

プー太の父さん こんにちは♪

21日は最高のトレッキング日和でした。
空はすっきり澄み渡りとてもきれいでした。
冠雪の風景が、カナディアンロッキーみたいだね”とお仲間と話していたんですよ。
長靴大好きですよ^^v

>楽しみにしていた旅行も遠い山も
>房の仕事が終わる来年4月ころまでお預けになりました。

年が改まって新緑の季節になってから、調度良いじゃないですか・
上高地の新緑の時季、良いですよね~
高い山はそろそろ雪の季節。
私も仁頃山に戻りますよ。

素晴らしい!

う~ん山に行きたい登りたい~!。でも今年はほぼ諦めです。
何かとヤボ用もあり、相方も無視できませんので・・・
私の「代わりに」と言っては何ですが、きれいな景色ありがとう!

野付ウシさん こんにちは♪

お彼岸期間では「21日」が一番空がきれいだったそうです。
冠雪も効果的でした。
山の上は雪がザクザクだったそう。
街路樹や平地も紅葉が始まってきましたね。
今年は綺麗な感じがします。

眩しい景色にうっとり

今回も最高の登山日和
10年に一度のきれいな紅葉 なるほどですね
高原沼は二度行ったことがありますがこんな景色 見たことがありません
私は途中で引き返し・・・・ぐるり一周は山を満喫ですね
秋の山の空気を感じさせていただきました うらやましいわ~
今年は引きこもりの環です
 

環さん こんにちは♪

21日は本当にお天気に恵まれました。
チリが払われたのでしょう、遠くの稜線がすっきりでした。
また、一周できたのもラッキーでした。
石北峠を超えた辺りから、大雪稜線が真っ白に見え綺麗でした~
2,000mの稜線は雪が結構深かったようです。
10月に入ると、紅いモミジがきれいな阿寒川湯方面・知床紅葉巡りに人々が移動しそうです。
私も移動できるかな?(笑
最近、運転が疲れるのです_ _;

いやぁ、素晴らしい。総天然色、色に深みがあります。色とりどりの山道を散策気分で歩くのは疲れも少なくて快適でしょうね。
先日、ニュースで大雪山系に今年初の冠雪、とありました。もうそんな季節なのですね。一気に冬将軍が舞い降りてくるのでしょうか。

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

今年の大雪は早い冠雪でした。
先日の高原沼はお天気も良く、最高の帳簿でした。
お天気と紅葉時期がベストな日に巡り合うのも、そう多くはありません。
平地では一足早く、桜の葉がとてもきれいに紅葉しています。
来週は気温が下がり霜の予報も、さらに紅葉が進みそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/999-a441f86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます