2017-04

二輪草いろいろ

  月日は百代の過客にして 行きかふ年も又旅人也
           
                         松尾芭蕉「おくのほそ道」より


5月16日は旅の日
松尾芭蕉が「おくのほそ道」へ旅立った日に因んでいます。
旅に出るのにも、爽やかな佳い季節を迎えています。



先日、仁頃山から下りて傍を流れる仁頃川に沿って足を進めますと、二輪草・深山延齢草が真っ白な花を咲かせていました。

小川の淵を少し歩いてみました。
変わり二輪草が処々にあります。

蕾はほんのり紅がさしきれいですね。


DSC_1815_20160514191547bb3.jpg

CSC_1964.jpg


みどり二輪草も何種かあります。

DSC_1921_2016051419150351f.jpg

DSC_1919.jpg

DSC_1928_20160514191526b4d.jpg

CSC_1965.jpg

二輪草ロードを楽しむ

11日、雨の予報は100%大当たり!
正午過ぎから強い降り、という時間帯予報も100%の正解率でございました(笑

しかしながら、雨の日の散策も楽しいものです。
家を出た10時過ぎは、まだ雨もパラパラでこれから降るのかな?といった感じ。



12時近く、二輪草ロードを散策です。
4㎞近くあるサロマ湖々畔遊歩道は、何処までも二輪草ロード。

DSCN7294.jpg

DSCN7285.jpg


DSCN7302.jpg
クルマバソウ


ずいぶん成長していました。
雨に打たれて少し萎れていますが、満開を過ぎているかも知れません。

薄いピンク色や緑色の二輪草もありました。
雨が強くなってきたので、傘をさして散策です。

DSCN7290.jpg

DSCN7289.jpg


一人静かというけれど、群れていますね。
晴れたら花盛りになりそうです。

DSCN7298.jpg

DSCN7279.jpg


マイヅルソウ、エゾレイジンソウも、間もなく花開きそうです。

風はなく雨音だけなので夏鳥さんの囀りがあちこちから聴こえます。
キビタキ・センダイムシクイ他10種ほどを聴き分けられました。
少し繁ってきた若葉と雨粒が、小鳥の姿を隠していました。

DSCN7305.jpg

DSCN7284.jpg


こんな雨の日に散策をしている人は、だ~れもいません^^;
1時間強ほど散策を楽しんで、「サロマ道の駅」で休憩していきます。


帰り路、眼に付いた沢山の水仙をパチリ。
黄色一色、鮮やかですね~

DSCN7254.jpg

DSCN7251.jpg


今日の雨も手伝ったのでしょうか・
若葉が急に育ってきた感じがします。

定植を終えたビートの畝。
畝は芸術的で美しいものです。

DSCN7257.jpg
雨を得て作物は元気が出ますね 


牧草地でまたカワラヒワの大群を見かけました。

DSCN7265.jpg

"ジビール・ジビール・シュワシュワシュワ"と賑々しく囀るオオジシギが高いところに。

RSCN7336.jpg



帰り路、出始めた蕗を少しばかり野原から頂き、浜のお魚屋さんで旬の"桜鱒"を買い求め。
夕餉の肴です。

DSCN7339.jpg

IMG_4156_20160511204544c80.jpg



 レンズに雨が付いて時々ぼやけた画像で失礼してしまいました。



みたびの東一華

久しぶりにお陽さまが顔をだしました。
日中は15度近くまで気温が上がり、暖かな日になりました。

時間が空いた午前遅くから、みたびの東一華詣でです。
お陽さまが出るとほんとうに暖かです。

サロマ湖に寄って行きましょう。
北へ発った白鳥たちも多く、残り組は少なくなりました。

行き来する漁船と仲良く、水鳥たちはノンビリです。

CSC_0848.jpg

CSC_0847_20160420204413ce3.jpg
真ん中は大鷲幼鳥?



女満別湖畔に着いた時、何やら白鳥たちが騒がしく鳴き合っていました。
飛行機の音に反応したのでしょうか・

CSC_0843_2016042020494338f.jpg

飛行機が遠ざかるとまた何事もなかったようにお昼寝でした。
何とも微笑ましいこと。

DSC_0805_20160420204128e19.jpg



さてまた、東一華です。
今日はお陽さまの光を受けて一面に花開いていました。
きれいですね~

IMG_3708_20160420205411d68.jpg

DSC_0782_20160420205408947.jpg

DSC_0795_20160420205410263.jpg

CSC_0845.jpg



水芭蕉群生地へも寄って行きましょう。
この花は成長が早く、最初に咲きだしたものはもう終盤のようでした。

DSC_0811_20160420205733756.jpg

DSC_0820_201604202057348bf.jpg

CSC_0850_20160420205731240.jpg

CSC_0851_20160420212400858.jpg



頭上ではコツコツとコゲラがお仕事中。

CSC_0838_20160420211703857.jpg



先週は見えなかった、土筆の坊や・エンコウソウも咲いていました。

CSC_0839.jpg

CSC_0840.jpg



空にはこいのぼりが泳ぎ、畑にはトラクターが働きます。

IMG_3715.jpg

DSC_0837_20160420205948305.jpg


今年のメルヘンの丘は小麦畑が広がります。

IMG_3712.jpg


大地には緑が増え活気に満ちてきました。



白い妖精水芭蕉

女満別湖畔へ水芭蕉を見に行っていきました。

風当たりの弱い樹林帯の中で、一面に咲いています。


DSC_0638_201604140855451b4.jpg

DSC_0641_201604140853362ee.jpg

DSC_0639_2016041408533453d.jpg

DSC_0691_20160414085209d9e.jpg

DSC_0693_201604140852104a1.jpg


小さな小川に立派な鮒(?)が泳いでいました。


DSC_0642_20160414085337d33.jpg


お昼すぎ雨がポツポツ、水面に水文が広がります。

DSC_0700_20160414090122c20.jpg


雪融けが早く、農家さんはもう畑作業が始まっている処もあります。

今週は安定しないお天気。

明日は雪マークも。

去りがたい冬将軍が顔を出しそうですね。




スプリング・エフェメラルー・・・Ⅱ

強い風も少し治まった日曜日。
お天気は良かったですが気温は余り上がらず、出掛けた海岸方面は寒かったです。


湧別へ映画鑑賞に出かけた行き帰り、花・鳥・風景を楽しんできました。


山野草の近況

水芭蕉群生地の湧別町芭露。
水芭蕉が咲き進んでいました。
今年は早いです!
今週末には見ごろになりそうです。


DSC_0507_20160410211701bbe.jpg

DSC_0509_20160410211702e60.jpg

DSC_0521.jpg

CSC_0626_201604102116593de.jpg


昨年から、遊歩道は使用禁止です。
車の通る国道沿いから見ることになりますので、車には気をつけないといけませんね。


DSC_0546_20160410212119ac9.jpg


時間があったので紋別コムケ湖まで行ってみました。
白鳥の姿は見えず、風も強く少しの時間で引き返します。

牧場の淵にチオノドグサが咲いていました~


CSC_0627_20160410214230d61.jpg
鮮やかな青色です


コムケから引き返しサロマ湖沿線を南下します。
6日には見えなかったキバナのアマナが、道路沿いに可憐な花を咲かせています。


DSC_0567_20160410214233244.jpg

CSC_0625.jpg

CSC_0623.jpg




女満別湖畔にアズマイチゲは咲いたでしょうか・
湖越しに藻琴山が良く見えます。


DSC_0605.jpg


アズマイチゲ、咲いていました ^ ^♪
白い蕾がたくさん見えます。
陽が当たっている処は花開いていますね。
暖かく陽が射すと満開でしょう!


DSC_0609_2016041022051809f.jpg

DSC_0613_20160410220518086.jpg

DSC_0620_20160410220601604.jpg


DSC_0614_201604102205202fa.jpg

DSC_0616.jpg

春の儚い花たち、次々と咲き出しました。






スプリングエフェメラル・・春の儚い花たち

春特有の強い南風が連日吹いています。
気温は高く、雪が見る見るなくなっていきます。
我が家の庭もあとひと塊ほどの雪。
無くなれば雪も懐かしいもの。


6日朝は風が強かったので、少し治まりかけた午前遅くに、
スプリングエフェメラルを求めて、いつもの一番の処へ出掛けてみました。


学校の傍を通った時、ランドセルが歩いているような新入生が。
小学校の入学式でした。
お父さんの参加も多くなりましたね。



浜方面に向かって車を走らせること1時間弱 
扨て、春のお花たちは・
早い!早い!
もう出ていましたよ。
今年は雪が少なく、このところ暖かですからね~


DSC_0390_20160406184101243.jpg

DSC_0351_20160406183927dfa.jpg


DSC_0376_20160406185515fed.jpg

DSC_0367_20160406185515b8b.jpg



春の儚き花たち、フクジュソウ・エゾエンゴサク・アズマイチゲ・・・
華やかです。


DSC_0405_20160406184154a9f.jpg

DSC_0399.jpg

CSC_0465_20160406183841bff.jpg



キタミフクジュソウ(北見福寿草)はたくさん咲きました。
陽射したっぷりで、パラボラアンテナを広げ虫たちをたくさん誘っています。


DSC_0446_20160406184500b9d.jpg

DSC_0378_20160406184019b41.jpg


エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)も薄紫色の花を春風に揺らせています。
アップにしてみると、クリオネみたい!
濃い紫、薄青色など様々です。


DSC_0416_20160406184158b47.jpg

CSC_0464_20160406183840ffc.jpg

CSC_0463.jpg


そしてハマナスの好きなお花、アズマイチゲ(東一華)がポツポツ咲きだしていました。
この道路沿いは雪解けも早く、アズマイチゲは一番乗りです。


DSC_0370_20160406185005345.jpg

DSC_0413_20160406185007d94.jpg

DSC_0361_201604061850043a3.jpg


フキノトウ(蕗の薹)もお花満開です。


CSC_0466_201604061855132d3.jpg



帰り路、寄り道したところに、ナニワズ(難波津)が黄色い蕾を付け今にも開きそうでした。


DSC_0440_20160406184458d38.jpg

DSC_0441_201604061844594a7.jpg


傾きかけたお陽さまにネコヤナギ(猫柳)がキラキラ~☆


CSC_0461.jpg


DSC_0459.jpg



また、良い季節に巡り合うことができました。




川湯イソツツジ

週間予報では、暫くオホーツクブルーが望めないお天気です。
例によって、オホーツク海高気圧の仕業ですね。

今日は朝から雨模様。
イソツツジが見頃とのこと、弟子屈方面はどうかな?と思いつつ、霧雨の中ドライブです。

美幌峠は視界不良!


DSC_0162_201506232108144c5.jpg


それでも川湯方面は、雨は降っていなくて雲り空でした。
屈斜路湖は霧が立ち込めているものの穏やかです。


DSC_0236.jpg


カヌーを楽しむ人がおりました。


CSC_0435_201506232132384db.jpg
乗ってみたいですね♪


深い緑の中はフィトンチッドがたっぷり!


DSC_0231_20150623213122a70.jpg

DSC_0171_201506232131198d0.jpg

DSC_0167_20150623210816889.jpg
道々に白い飾り花の ツルアジサイ



深緑の中を通り抜けると、硫黄山イソツツジは満開です!
見事ですね。

およそ100haのイソツツジの大群落は日本最大級。
このイソツツジは、アトサヌプリ(硫黄山)からの噴煙や酸性土壌など、火山の影響を大きく受ける他の植物には厳しい環境を好むため、広範囲にわたって自生していると云うことです。


DSC_0421_20150623215144d50.jpg
正面は白い噴煙のアトサヌプリ

DSC_0428_201506232151460b1.jpg

DSC_0197_2015062321433667e.jpg

DSC_0176.jpg


イソツツジの中に白い幹の白樺が効果的です。

DSC_0431_20150623215147eaa.jpg

DSC_0206_201506232143385f5.jpg

DSC_0202_20150623214339f54.jpg

DSC_0184_20150626054158c83.jpg


白い小花がまぁ~るく集まっています。


DSC_0177_20150626054324f08.jpg

DSC_0181_2015062321454202d.jpg



こちらから津別クリンソウの里へ折り返します。
屈斜路湖を見ながら戻ってきますと、だんだん雨が本降りになってきました。
津別峠も霧が深そうなので諦めて、浜小清水に廻ります。
野上峠を越えた辺りから曇り空です。


浜小清水原生花園に寄りましょう。
お花満開・こちらも見頃を迎えていました。



クロユリの花

市内の樹林帯の下に、自生しているクロユリが咲いています。
この花も、例年より早い開花です。


DSCN5128.jpg

DSCN5129.jpg


この場所は巨木群の下で湿地なのですが、今年は雨不足。
廻りの草が枯れかかっています。


DSCN5135.jpg

DSCN5136.jpg


クロユリ

北海道では蝦夷クロユリと云われ、草丈が50㎝くらい。
アイヌ民族の伝説では「恋の花」と歌われています。

石川県では立山に咲く郷土の花で背丈が低いミヤマクロユリ。
立山にはこんな残酷な一説も

{ 佐々成政の側室小百合は不義の濡れ衣をかけられ、斬首されました。
    小百合は「立山にクロユリ咲いたら、佐々の家は滅しよう」という
        呪いの言葉を叫びながら死んだという・ }


実際、花をよく見ると、怪しげな色合い。
敬遠したくなる香り・・というより匂いです。



同じ敷地を散策していますと、藤も咲いていました。


DSCN5138_20150529200248c4f.jpg

DSCN5140.jpg


藤の花といえば遠軽町丸瀬布ですが、こちらも例年より1~2週間早い開花だそうで
この暑さでは見頃がすぐ終わってしまいそうですね。


若葉の季節

新緑が萌え出し、草木の成長著しいオホーツクです。

昨夜は峠で雪模様でした。
朝は氷点下まで下がったようですが、日中は陽射しに恵まれました。


夕刻、湧水地へ行った折、周辺を散策。
新緑がモクモクと萌え出しています。


水辺では早くも九輪草が咲いていました。


DSC_1266.jpg


爽やかに青楓が風に揺れています。

CSC_1322.jpg


私の好きな葉っぱ、イヌエンジュの若葉。
若芽は銀色でとてもきれいです。


DSC_1310_20150515215547311.jpg

DSC_1316.jpg



山桜は既に終わり、八重の桜も僅か。
白い清楚な深山桜が咲いていました。


CSC_1320.jpg
八重桜から

DSC_1288_20150515215037c6e.jpg
深山桜へ



今年はカラマツの花が不作!
殆ど見かけません。


DSCN4975.jpg
やっと見つけた2輪


雲の多い夕暮れ。
緑に包まれた当地遠景です。


DSC_1294.jpg

DSC_1301_2015051521412629d.jpg
クロガラし

DSC_1309_201505152141278f0.jpg




葉の繁った梢の陰に、野鳥たちの声が響いてきます。

”キョロン・キョロン・ツィー”と美しいアカハラノ声。

”ヒーリョーリョー・ジュジュッ”とオオルリ。

遠くでは”ポポッ・ポポッ”とツツドリ。

草原から勢いよく飛び立ち、”ジビールジビール・シュワシュワッ・ゴゴゴ~”と
空高くパフォーマンスを見せるオオジシギ。


CSC_1317.jpg


寒さを堪えて見惚れました。




サロマ湖畔遊歩道

連休も終わり静かになりました。

浜の町に用事があった今日(土曜日)の帰り、「さろま湖道の駅」近くの湖畔遊歩道を歩いてみました。


DSC_1250_20150509173603950.jpg
湖が見え隠れします


今日は晴れ間に小雨がぱらつくパッとしない日。
少し肌寒いです。

一週間前にも兄たちを案内して少し歩いたのです。
あの日は短い時間でしたが小鳥の囀りを聴きながら、山野草を観ながらの散策は、都会の人にとっては癒しの空間になったでしょうか・


DSC_0961.jpg
エゾエンゴサクもまだまだきれいでした
DSC_0964_20150509175856168.jpg

DSC_0999_20150509175241fa7.jpg
(5月2日の 湖畔遊歩道)



あれから花たちの成長は、ずい分進んでいました。
2輪草はもう終盤。


DSC_1238_201505091735587da.jpg



ヒトリシズカはみんな揃って賑やかに咲いていました *^^*


DSC_1241.jpg

DSC_1231_2015050917372008b.jpg
黄色い絨毯は ネコノメソウ

DSC_1234_20150509173720d6f.jpg
面白い花 オクエゾサイシン



マイヅルソウ・エゾノレイジンソウはもう花開く寸前。

DSC_1244_20150509173602872.jpg

DSC_1252.jpg



若葉がずい分繁って、囀る野鳥たちの姿を隠しています。
キビタキ・オオルリ・ヤブサメ・ウグイス・オオジュリンなど、夏鳥さんが満載です。

DSC_0991_201505091752404ef.jpg



帰りには山路から蕗を少し頂いて参りました。

庭では初夏の花ライラック・淀川ツツジが咲きだしています。


DSC_1258_20150509173814221.jpg

CSC_1265_20150509173812784.jpg



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます