2017-05

福寿草が春を告げる

彼岸に入り、風は少し強いものの良いお天気が続いています。
朝のシバレも緩んでいます。

郊外の道路傍傾斜面に、福寿草を見つけました。
福寿草は、春色一番ですね。

DSCN8721_20170319115609e69.jpg

DSCN8726_201703191156126e0.jpg

DSCN8729_20170319115635585.jpg

シバレた土を破って葉っぱを押しのけ、力強くて出てきます。

DSCN8722_2017031911561188d.jpg


フキノトウもポコポコ出ていますね。

DSCN8733_2017031911563819b.jpg


蔓延る花?草


オホーツク方面の草地には、オオハンゴウソウがあちこちで群れを成しています。
この花は特定外来植物に指定されています。
繁殖力が旺盛で、サロマ湖周辺でも一時は凄い群れでしたが、かなり駆除されています。

DSC_0688_20160906164622d32.jpg

DSC_0880_201609061633347b6.jpg



ノラジンジンも繁殖力がが強力で、道路沿いの路々に観られます。
秋になって稔りを迎えています。

DSC_0680_20160906164624229.jpg

夏には涼しげに風に揺れ咲き終わった花はなんとなく面白い。

DSC_0916_2016090616344473a.jpg


オオハンゴウソウとノラジンジンの混生。

DSC_0682_20160906164624977.jpg



移り行く季節

二百十日を待たずに二百日目で、台風が次々と北海道を通り道にしています。
台風7号直撃は豪雨になりそうで心配です。

カレンダー通りの休みの子供たちや弟妹は、土曜日にわが家に集まり一時賑やかでした。
土曜日はお天気も良く、絶好の焼き肉日和!
炭火で焼くお肉は、美味しくて食べ過ぎてしまいますね。


雨続きのお盆。
リオTV中継に張着き、合間に本を読んだり雑用を片付けたりのんびりです。

雨の切れた朝、公園ではラジヲ体操をしています。
夏休み中のお子たちも多いですね。

DSC_0571_201608161900414c3.jpg


公園の街路樹のナナカマドが、少しづつ秋色になってきました。
時々、青空が覗きます。

DSC_0575_20160816190042552.jpg

DSC_0578_20160816190404cb5.jpg


秋桜もたくさんゆれて、いっそう秋の近づきを感じます。

DSC_0544_20160816190359e35.jpg

DSC_0552_20160816190400c22.jpg

コスモスの花言葉・・・乙女のまごころ・愛情・たおやかさ


庭のあちこちに、ポツポツと小さな向日葵が咲きだしています。
この花は、晩秋に野鳥がバードテーブルから持ち出して隠したヒマワリの種。
かわいらしく花を着けています。
実るまで置いておきましょう。
野鳥たちがまた、実を食べにやってきます。

DSC_0558_2016081619040259f.jpg



蔓延る(はびこる)

先日新聞を読んでいましたら「罰則対象外来動植物12種」とありました。
外来種は勢力が強い感じがします。


フランスギクも12種の中に入っていましたが・
夏を迎え一斉に白い花を咲かせています。
空き地があればどんどん増殖しています。
きれいですけれどね・

DSC_0659_20160619220219722.jpg

DSC_0661_20160619220220840.jpg

DSC_0686_201606192203522c2.jpg



この花も繁殖力が強靭。
"はびこる"という感じです。
オレンジ色のコウリンタンポポ(最近は黄花も多くなった)

DSC_0677_2016061922030102a.jpg



廃屋の跡に必ずといっていいほど咲いているノボリフジ(ルピナス)
この花も一度生えたら根が深く厄介です。

DSC_0680_20160619220303da1.jpg

DSC_0679_20160619220223659.jpg

DSC_0662_2016061922022244f.jpg

道内夏にドライブしていますと、ルピナスの群れがあちこちで見られます。



ワタスゲゆれて

初夏の湿原に綿帽子がゆらゆらゆれて。


DSCN7837.jpg

DSC_0227_20160611205953a12.jpg

DSCN7828.jpg



DSC_0221_2016061120595183a.jpg

DSC_0237_20160611205954a74.jpg

DSCN7826.jpg



コムケ湖周辺に咲くワタスゲを見てきました。
風にゆらゆら揺れて頼りなげだけれど、かわいいです。
フワフワしたこの白い綿は種子なんですね。


わが家のインコのお腹の羽毛みたいに、フワフワ気持ちが良いです。
少し肥満気味なオカメインコ。


DSC_0049_20160611214554f21.jpg

DSC_0062_20160611214555ff3.jpg
お腹を気にしている(笑







クロユリの花

気温の高い日が続き、植物の成長著しいこのところ。
昨年は花たちの開花がが早いという印象でしたが、今年も昨年に負けず劣らずの開花となっています。


市内の公園木陰にクロユリが咲いています。



DSCN7415.jpg

DSCN7420.jpg



クロユリの伝説

北海道では蝦夷クロユリと云われ、草丈が50㎝くらい。
アイヌ民族の伝説では「恋の花」と歌われています。

石川県では立山に咲く郷土の花で背丈が低いミヤマクロユリ。
立山にはこんな残酷な一説も

{ 佐々成政の側室小百合は不義の濡れ衣をかけられ、斬首されました。
    小百合は「立山にクロユリ咲いたら、佐々の家は滅しよう」という
        呪いの言葉を叫びながら死んだという・ }


実際、花をよく見ると、怪しげな色合い。
敬遠したくなる香り・・というより匂いです。





藤も咲き出しライラックと共に、こちらはあまい良い香りが漂ってきます。

DSCN7426.jpg

DSCN7428.jpg


DSCN7429.jpg
ライラック



今年はナナカマドの白い花がたくさん咲いています。
昨年休んだ木も花を付けています。
小鳥たちにとっては秋の実りが嬉しいことですね。


DSCN7441_20160526071424f52.jpg

DSCN7443_20160526071402abd.jpg



やわらかな緑がモクモクと、オホーツクは良い季節です。

DSCN7436.jpg
間もなく花を付けそうなニセアカシア

DSCN7431.jpg
春楡(ハルニレ)

二輪草いろいろ

  月日は百代の過客にして 行きかふ年も又旅人也
           
                         松尾芭蕉「おくのほそ道」より


5月16日は旅の日
松尾芭蕉が「おくのほそ道」へ旅立った日に因んでいます。
旅に出るのにも、爽やかな佳い季節を迎えています。



先日、仁頃山から下りて傍を流れる仁頃川に沿って足を進めますと、二輪草・深山延齢草が真っ白な花を咲かせていました。

小川の淵を少し歩いてみました。
変わり二輪草が処々にあります。

蕾はほんのり紅がさしきれいですね。


DSC_1815_20160514191547bb3.jpg

CSC_1964.jpg


みどり二輪草も何種かあります。

DSC_1921_2016051419150351f.jpg

DSC_1919.jpg

DSC_1928_20160514191526b4d.jpg

CSC_1965.jpg

二輪草ロードを楽しむ

11日、雨の予報は100%大当たり!
正午過ぎから強い降り、という時間帯予報も100%の正解率でございました(笑

しかしながら、雨の日の散策も楽しいものです。
家を出た10時過ぎは、まだ雨もパラパラでこれから降るのかな?といった感じ。



12時近く、二輪草ロードを散策です。
4㎞近くあるサロマ湖々畔遊歩道は、何処までも二輪草ロード。

DSCN7294.jpg

DSCN7285.jpg


DSCN7302.jpg
クルマバソウ


ずいぶん成長していました。
雨に打たれて少し萎れていますが、満開を過ぎているかも知れません。

薄いピンク色や緑色の二輪草もありました。
雨が強くなってきたので、傘をさして散策です。

DSCN7290.jpg

DSCN7289.jpg


一人静かというけれど、群れていますね。
晴れたら花盛りになりそうです。

DSCN7298.jpg

DSCN7279.jpg


マイヅルソウ、エゾレイジンソウも、間もなく花開きそうです。

風はなく雨音だけなので夏鳥さんの囀りがあちこちから聴こえます。
キビタキ・センダイムシクイ他10種ほどを聴き分けられました。
少し繁ってきた若葉と雨粒が、小鳥の姿を隠していました。

DSCN7305.jpg

DSCN7284.jpg


こんな雨の日に散策をしている人は、だ~れもいません^^;
1時間強ほど散策を楽しんで、「サロマ道の駅」で休憩していきます。


帰り路、眼に付いた沢山の水仙をパチリ。
黄色一色、鮮やかですね~

DSCN7254.jpg

DSCN7251.jpg


今日の雨も手伝ったのでしょうか・
若葉が急に育ってきた感じがします。

定植を終えたビートの畝。
畝は芸術的で美しいものです。

DSCN7257.jpg
雨を得て作物は元気が出ますね 


牧草地でまたカワラヒワの大群を見かけました。

DSCN7265.jpg

"ジビール・ジビール・シュワシュワシュワ"と賑々しく囀るオオジシギが高いところに。

RSCN7336.jpg



帰り路、出始めた蕗を少しばかり野原から頂き、浜のお魚屋さんで旬の"桜鱒"を買い求め。
夕餉の肴です。

DSCN7339.jpg

IMG_4156_20160511204544c80.jpg



 レンズに雨が付いて時々ぼやけた画像で失礼してしまいました。



みたびの東一華

久しぶりにお陽さまが顔をだしました。
日中は15度近くまで気温が上がり、暖かな日になりました。

時間が空いた午前遅くから、みたびの東一華詣でです。
お陽さまが出るとほんとうに暖かです。

サロマ湖に寄って行きましょう。
北へ発った白鳥たちも多く、残り組は少なくなりました。

行き来する漁船と仲良く、水鳥たちはノンビリです。

CSC_0848.jpg

CSC_0847_20160420204413ce3.jpg
真ん中は大鷲幼鳥?



女満別湖畔に着いた時、何やら白鳥たちが騒がしく鳴き合っていました。
飛行機の音に反応したのでしょうか・

CSC_0843_2016042020494338f.jpg

飛行機が遠ざかるとまた何事もなかったようにお昼寝でした。
何とも微笑ましいこと。

DSC_0805_20160420204128e19.jpg



さてまた、東一華です。
今日はお陽さまの光を受けて一面に花開いていました。
きれいですね~

IMG_3708_20160420205411d68.jpg

DSC_0782_20160420205408947.jpg

DSC_0795_20160420205410263.jpg

CSC_0845.jpg



水芭蕉群生地へも寄って行きましょう。
この花は成長が早く、最初に咲きだしたものはもう終盤のようでした。

DSC_0811_20160420205733756.jpg

DSC_0820_201604202057348bf.jpg

CSC_0850_20160420205731240.jpg

CSC_0851_20160420212400858.jpg



頭上ではコツコツとコゲラがお仕事中。

CSC_0838_20160420211703857.jpg



先週は見えなかった、土筆の坊や・エンコウソウも咲いていました。

CSC_0839.jpg

CSC_0840.jpg



空にはこいのぼりが泳ぎ、畑にはトラクターが働きます。

IMG_3715.jpg

DSC_0837_20160420205948305.jpg


今年のメルヘンの丘は小麦畑が広がります。

IMG_3712.jpg


大地には緑が増え活気に満ちてきました。



白い妖精水芭蕉

女満別湖畔へ水芭蕉を見に行っていきました。

風当たりの弱い樹林帯の中で、一面に咲いています。


DSC_0638_201604140855451b4.jpg

DSC_0641_201604140853362ee.jpg

DSC_0639_2016041408533453d.jpg

DSC_0691_20160414085209d9e.jpg

DSC_0693_201604140852104a1.jpg


小さな小川に立派な鮒(?)が泳いでいました。


DSC_0642_20160414085337d33.jpg


お昼すぎ雨がポツポツ、水面に水文が広がります。

DSC_0700_20160414090122c20.jpg


雪融けが早く、農家さんはもう畑作業が始まっている処もあります。

今週は安定しないお天気。

明日は雪マークも。

去りがたい冬将軍が顔を出しそうですね。




«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます