2017-06

牡丹まつり

巡り合わせなのでしょうか。
週末になると雨、、、
5月から3連続です。
今週末は兎に角寒い雨です。


11日(日曜日)は、市内個人所有地にて牡丹まつりが行われました。
生憎冷たい雨になり、予定していた裏千家担当の野点は中止になりました。
事前に準備したお菓子・抹茶などの経費の精算に、牡丹園事務局に出向いてきましたので、雨の中牡丹を数枚写真に収めて参りました。

野点以外のイベントは行われていたようです。
フルートの演奏が雨の中流れています。

DSCN0055_20170612054235b07.jpg

DSCN0057_201706120540523cb.jpg


イベントに合わせて、牡丹は彩とりどり華やかに開いています。
雨粒をたっぷり含んで重たそうですが、きれいでした。

DSCN0036_20170612054530570.jpg

DSCN0063_2017061205471622a.jpg

DSCN0049_20170612054638be2.jpg

DSCN0059_20170612054644922.jpg

DSCN0060_20170612054713eff.jpg

DSCN0035_20170612054527caf.jpg

DSCN0040_20170612054556f6c.jpg

DSCN0039_201706120545307cd.jpg

DSCN0061_2017061205471525b.jpg

DSCN0066_20170612054718c73.jpg


牡丹以外の花もたくさん咲いていて、クリンソウ・ミヤコワスレ・ワスレナグサなど満載です。

DSCN0069_20170612055824c03.jpg

DSCN0031_20170612055822ce0.jpg

DSCN0029_20170612055821ff1.jpg


この公園一帯は大木も多く、エゾ松の上でアオサギが営巣しています。
もう、幼鳥が育って賑やかでした。
カラ類の幼鳥もチチ・・とかわいく囀っています。

白雲木の白い花が清楚です。
雨で香りが届いてこななかったです。

DSCN0024_2017061205581966e.jpg


街路樹のニセアカシアも白い花を着け始め、”夏に至る”と云うところですね。
花たちが輝く、お天気の回復が待たれます。



夏鳥の季節

水鳥たちは日の出前からお仕事です。
アオサギは、漁から一日が始まるのでしょう。

DSC_1340_2017060921320181b.jpg


先日、コムケ湖に行く道中、牧草地にて丹頂鶴を見かけました。
番いのようです。
行き帰りで見かけましたので、ここには美味しいものがあるのでしょうか。
丹頂鶴は釧路湿原だけに留まらず、近年はオホーツクでもずい分見かけるようになりました。

CSC_1435_201706092131597e7.jpg


車で走っていますと、電線に止まっているノビタキがよく眼につきます。
夏鳥ではポピュラーな鳥さんです。

DSC_1329_201706092132009fe.jpg

コムケ湖からシブノツナイ湖へ行ってみました。
湖はとても静かで良い風景でした。

DSCN0007_201706092133580e8.jpg

DSCN0010_20170609213359a36.jpg



黄色のセンダイハギ・紫色のハマエンドウ・エゾのコリンゴが、緑の中に彩りを添えています。
原生花園は、夏鳥と花の季節を迎えています。

DSCN0015_20170609213404937.jpg

DSC_1393_20170609213306468.jpg

DSC_1372_201706092133030ef.jpg


葦の小枝や、ハマナスの小枝に止まって、一段と声高らかにコヨシキリたちが賑やかでした。

DSC_1366_20170609220238443.jpg

CSC_1432.jpg

CSC_1433_20170609213156fae.jpg
つぶらな瞳がかわいい♪




ワタスゲの季節

サロマ湖の陽の出を見て、紋別コムケ湖まで足を延ばしてみました。
コムケ湖の湿原ではワタスゲの季節を迎えています。


コムケ湖の朝は賑やか。
夏鳥たちが競って美声を張り上げています。

DSCN9986_20170607143959aac.jpg
山を映して静かなコムケ湖


一段と声高からかに"ジョッピン カケタカ" のエゾセンニュウの美声が、すぐ傍の木立から聴こえます。
センニュウ(仙入)と云われている通り、世俗から身を隠しておりまして。
なかなかお姿を見つけるのは難儀です。



さぁ、ワタスゲの原です。
た~くさん咲いていますね。

DSCN9987_20170607144001c6b.jpg
歩き易い木道がついています

DSC_1354.jpg
見事です!
DSCN0002_20170607150354af1.jpg

DSC_1355_201706071439025c4.jpg


ワタスゲ・ワタスゲ・ワタスゲ…
少し朝露を含んでしっとり!

DSCN9994_20170607144006753.jpg

DSCN9993_2017060714594649d.jpg


遠くまで真っ白です。

DSCN9991_20170607144002622.jpg

DSCN9999_201706071441104da.jpg



昨年より一段と増えているようです。





オホーツクの夜明け

7日早朝、暖かで風は無、く静かな夜明けになりそうです。

陽の出の早い季節です。
3時前には、東の空が茜色に染まってきます。

DSC_1262_2017060715024751a.jpg


サロマ湖で陽の出を迎えました。
陽の出間際の湖面も茜色に染まり、とても美しいことです。

DSCN9928.jpg

DSCN9945_20170607150800175.jpg


浜の朝は早いですね。
もう船が出ています。

DSCN9926_201706071507567f2.jpg


3時49分お陽さまが頭が出してきました。

DSCN9955_20170607150801fe4.jpg


どんどん姿を現してきます。

DSC_1288_20170607150249f73.jpg

DSC_1298_20170607150251acb.jpg


大きなお陽さまです。

DSC_1300_20170607150252c28.jpg

                 CSC_1436_201706071535321be.jpg



周りを紅く包み込みます。

DSCN9968_20170607150858637.jpg

DSCN9977_20170607150859d50.jpg


見事な陽の出でした。




芒種

空気は少し冷たいですが、やっと青空が出ました。
お陽さまが出ると、ほんとうに爽やかなこの季節です。

用事で出かけた折り、田圃の傍を通りましたので車から降りてパチリ!
きれいですね~

RSCN9911.jpg

DSCN9910.jpg


5日は24節季の芒種。
"稲や麦など穂の出る農作物の種を蒔くころ"
"穂先のトゲトゲを芒(のぎ)と云いますが、禾ともいいます”


秋に蒔いた小麦が青々と育って、て間もなく穂が出てきそうです。

DSCN9908_20170606051355854.jpg


初夏の花スズランは、もう終盤となっています。

DSCN9895_2017060605135392a.jpg


このところの低温・雨で、植物の成長がちょっと足踏みでしょうか・
気温が上がると、原生花園などのお花もどんどん咲きだすでしょう。



水の月

「水無月」は「水の月」
雨が続きます。

老朽我が家の補修もあと少しというところで、雨に祟られています。
窓を取り換えたら、外の雨音が聴こえなくなった!
雨音を聴きながら、"今日は雨だわ"と寝ているのが、何んとなく好きだったのですけれど…

DSCN9885_201706031534307ec.jpg



日中は霧雨で、すご~く寒くなってしまいました。
庭のお花も、花が開けないでいます。

DSCN9894_20170603153902f68.jpg
ミヤコワスレ

DSCN9891_20170603153902eb8.jpg
ツツジ

DSCN9889_20170603153900a04.jpg
”アヤメは雨がお似合い”



庭の野菜は順調に育って、法蓮草・二十日蕪が食べ頃となりました。
毎年のことながら、法蓮草は食べ切れないほど育ちます。

DSCN9897_20170603154313732.jpg
なんとなく植えてしまうのです ^ ^;


二十日蕪は、甘酢漬けで毎食に。
ジッパーの袋で漬物のように漬けると便利。

DSCN9898_201706031543153e8.jpg

DSCN9900.jpg



"独活も最後"と、仁頃山のお仲間から頂きました。
青々して美味しそう!
たくさんあるので、酢味噌に味付けして冷凍。
端境期に食するのは嬉しいものです。

DSCN9886.jpg



暖かな南方からは、旬の枇杷がたくさん届けられました。
寒いオホーツクでは、高級果物です。

DSCN9888_20170603154311886.jpg
あま~い枇杷です!

小中学校の運動会のころ、店頭に並びます。
今年の運動会は毎週末毎の雨で、お天気に恵まれませんね。
我が家に運動会に係わる子供はいないけれど、やっぱり晴れてほしいものです。



水無月

6月1日、今日はなんの日?

ラジヲを聴いていますと、気象記念日・写真の日・○○…××…といろいろあります。
私的には、"値上げの日"
ビールが… (笑

変わり苗字。
六月一日を、 「うりわり」「さいぐさ」 なんて読めませんね。




すっかり緑に包まれた朝の公園は、シニアの皆さんで賑わいます。
散歩をする人、歩く人、ラジヲ体操に集まる人、そしてお掃除をする人などなど。

DSC_0260_20170601065039a31.jpg


DSC_0261_20170601065039361.jpg


四葉のクローバーが、"おはよう"と挨拶 

DSC_0259_20170601065226eb6.jpg



そして衣更えの季節。
学生さんの白い夏服が爽やかです。


我が家のインコも、衣更え。
暑くなってきたので、羽を薄くしている??

DSC_0233_20170601065037366.jpg
自分の家(鳥かご)でやってください



5月の茶道

若葉が萌え、爽やかな季節になりました。
5月からは茶道では、炉を閉じ風炉の季節になります。

〇日
私の今師事しているお師匠さんの、喜寿のお祝い茶事が行われました。
お師匠さんの社中のお仲間に入れて頂きました。

お祝いの初風炉のお席。

IMG_1696.jpg


お棚は寿棚・香合は宝珠・お茶碗の銘は福寿、茶杓の銘は千歳など、お祝いのお道具で揃えました。

IMG_1707_20170526131225f01.jpg


季節のお花お菓子も用意され、爽やかで落ち着きあるお席で、お師匠さんには喜んでいただけたでしょうか・

IMG_1703.jpg



×日
私たちサークル「T和会」では11日が初風炉。
風炉のしつらいで、濃茶・薄茶を楽しみました。

IMG_1721_2017052613122303c.jpg

IMG_1728.jpg


〇日
月末金・土・日曜日と、公民館まつりと云うことで、各種公民館講座を受講された皆さんの発表会が行われました。
力作の数々を、茶会準備の合間に覗いてみました。
どの作品も素晴らしいです!

IMG_1798_201705281839032fa.jpg

IMG_1797.jpg

IMG_1795.jpg


私は日曜日、昨年茶道講座を受講された皆さんとのお茶席担当です。
季節のお道具組みや、受講生のお点前仕上げなど準備をしてきました。

IMG_1788_20170528184228109.jpg


前日からお茶会々場の準備を整え、お客さまをお迎えします。

IMG_1806_201705281855536f9.jpg

IMG_1809.jpg


お軸は、”今日のこの瞬間のただ一度の出会いを大切に”と云うことで、馴染みの文言「一期一会」を掛けました。
受講生は皆さんの前でのお点前に”ドキドキ!”と云っていましたので、このお軸の言葉が心に残ると良いかと思います。
半東の私も舞い上がっていましたが… ^ ^;

IMG_1801.jpg


禁煙の時代、茶室で煙草なんてとお思いでしょうが、正客の座る位置決めと茶席の設礼いですね。

IMG_1824_2017052819173359f.jpg
行李蓋の煙草盆


香合は炭手前省略で、床に飾ります。
この季節、カワセミ・5月の別名で「翡翠」を使いました。

IMG_1831_20170528211257a85.jpg


お花は、会場市民会館敷地公園内で見頃になったクロユリを入れました。

IMG_1802.jpg

もちろん、ハマナスの庭で咲いたものを持って行きましたょ^^;
花入れのお籠は、受講生の力作。
細かな編み目で素晴らしいですね。


市民会館公園に咲くクロユリの群生。
毎年、5月末頃開花します。

IMG_1799.jpg

IMG_1800.jpg
土曜日27日は午後雨でした。



お菓子を出しお茶を点て、4席100名余りをおもてなしです。

IMG_1826_201705282127014fb.jpg

IMG_1812.jpg
頑張った受講生 Tさんのお点前

IMG_1823.jpg

IMG_1818.jpg
水屋はいつも大忙し!



午前は爽やかに晴れたものの、午後から超雷雨
社中・サークルの皆さんの協力を得て、雨が小降りになった15時には後片付けも終了。
5月も終わります。

6月にはまた日曜日毎のお茶会、前日準備と忙しいなぁ~



朝の風景

5月最終週末、市内小学校で運動会が行われます。
お天気が心配なことですが、朝は薄日も射し午前は持ちこたえられそうかな・

DSCN9828_20170527085332a16.jpg



早朝、湧水を汲みに行って周辺を散策してみました。
森からは、カッコウ・ツツドリ・オオルリ・センダイムシクイ・ヒタキ類の囀り。
新緑萌え爽やかです。

DSCN9839_20170527085334e74.jpg

DSCN9859.jpg


水場には、クリンソウの紅色が眼につきます。

DSCN9815_201705270850146c8.jpg


ここに植えられたのでしょう、八重の桜がきれいに咲いています。

DSCN9822.jpg



林道淵には深山桜が楚々とした花を着けています。
きれいですね。

DSCN9848.jpg

DSCN9826_20170527085016661.jpg


葉の出始めがきれいなイヌエンジュは、かなり大きくなっていました。

DSCN9830.jpg


樹木も花盛りです。
ナナカマドは今年も豊作。

DSCN9870_2017052708505278b.jpg


コナラが長~い花穂を付けています。

DSCN9853_2017052708503984b.jpg



高台から、霞んだわが街の目覚めです。
深い緑の中の街です。

DSCN9845.jpg
黄色はクロガラシ


山野草盆栽展

市内緑のセンターで行われていた園芸市と山野草盆栽展を覗いてみました。
近年は園芸市も縮小傾向です。

お若い方の新築住居敷地は、全面アスファルトが多いですし、歳を重ねると庭仕事も大変になって行きますし・

IMG_1776_201705241151082be.jpg

IMG_1773.jpg

IMG_1775.jpg



センター内の、山野草盆栽展を覗いてみました。
まぁ、見事に育てた自慢の一鉢なのでしょう。
見応えあります。

IMG_1758_20170524170842f57.jpg

IMG_1757_201705241708406a3.jpg




IMG_1760_20170524171104209.jpg

IMG_1769.jpg
ヒナトクサ

IMG_1767_20170524170932f55.jpg

IMG_1765.jpg
八角連という初めて見たお花


白花エゾルリソウは珍しいですね。
一緒に見えるのはアポイアズマギク。

IMG_1763_2017052417092842c.jpg

IMG_1762_20170524170845b09.jpg

IMG_1761.jpg


ヒメマイズルソウというのがあるのですね。
小さくてかわいらしい集団です。

IMG_1759.jpg

斑入りのスズランなんてあるのですね。

IMG_1766_20170524173010956.jpg
ドイツスズラン


見たことのないお花も結構ありました。
素晴らしかったです。



今週は低温雨傾向で、お花の開花がLaw paceになりました。
それでも潤いを受けて、我が家の庭も緑がモクモクです。
雑然とした庭は、雑草も多い^^:

DSCN9807_20170525045349dfd.jpg

DSCN9814_2017052504543219d.jpg
ワサワサとチゴユリ

DSCN9813_20170525045352d12.jpg
クロユリはあと一息


園芸市で、冬の寒さに耐えられなかったのか、枯れてしまった鉄線を一株買い求めました。
耐寒性はあるはずなのですが・

野菜の苗はズッキーニを2株調達。
ズッキーニは、上手く実を結ぶと優秀な野菜です。


DSCN9809_20170525045351faa.jpg

ネコ額の菜園にも、野菜が育ってきました。

DSCN9808_20170525045351410.jpg

草取りは腰が痛くなるけれど、緑が多いのは嬉しいことです。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます