2018-07

半夏生

夏至から数えて11日目が半夏生となります。

鳥柄杓(カラスビシャク)が生えるころ。
田植えを終わらせる農事の節目。
またこの日に降る雨を半夏雨といい、この日のお天気により一年の豊作を占う習慣があったそう。

当地、今日は蒸し暑い薄曇りの日。
夕方から半夏雨になりそうです。

IMG_5099.jpg
わが家のカラスビシャク ほそぼそ…



麦・芋・ビート・玉ねぎが主産地のオホーツクの農家さんは6月は主に作物の防除くらい。
農閑期となっているところが多いです。

今年の6月は雨と寒さが続きました。
それでも作物は成長し、秋蒔き小麦は薄黄色味をおびてきました。

IMG_5034.jpg


この2、3日の暑い日続きで、庭の胡瓜が育ってきました。
初収穫できそうです。

IMG_5117.jpg



半夏に因んで、香川では農事の労をねぎらってうどんをふるまったり,関西ではタコを食べる慣わしがあるようです。
7月2日はうどんの日・たこの日となりました。

私も夕食はうどんとたこにしましょう!





謝茶会

7月第一日曜日は、日頃の茶道に感謝をして淡交会北見支部の茶筅供養の茶会が行われます。
諸般の事情にて3年前から謝茶会に変わりました。

私も、諸般の事情により謝茶会は今回初めて参加致しました。
今回は、他の社中の皆さんと呈茶当番です。
前日土曜日に、概ね会場の準備を終えておきます。
暑い日になりましたが、会場はエアコンが効いて快適です。


7月1日(日曜日)、午前早い時間に雨の予報でかなり蒸し暑い日となりました。
謝茶会は、利休居士に日頃の茶道の感謝を捧げ、供花・供炭・供茶が行われ参会者に一服がふるまわれます。

IMG_4993.jpg



主催者挨拶、利休居士・物故者への黙祷、ことばの唱和、来賓の先生の講話と滞りなく進められます。

IMG_4994_2018070205143977f.jpg

IMG_4996_201807020514412d1.jpg



点前に入り先ず、次世代を担うお若い方々により、花寄せの式が行われます。
この会のメインともいうべき花寄せは、いろろなお花が入れられ華やかです。
お花は皆さんで持ち寄ったものです。
この時季、お花が豊富で良いですね。

IMG_4990.jpg



札を引いてお花を積もり、見合った花入れに入れていきます。
7名が其々のお花を入れ、花寄せを終了します。

IMG_4998_201807020514427eb.jpg

IMG_5000_20180702051444f6b.jpg

IMG_5005.jpg

IMG_5007.jpg



次に、先輩先生によりお炭が入れられます。
お炭手前の準備は、こまごまと大変です。

IMG_5008_20180702051448a8d.jpg



続いて、主催者幹事長先生のお点前により、利休居士に一服が供えられます。
めったに拝見できない幹事長先生のお点前に、みなさん眼がくぎ付けではないでしょうか・

IMG_5014_20180702051304ad4.jpg




来賓の皆様にもお茶が点てられ、続いて参会者の皆さんに一服がふるまわれます。
90名近くの参会者に、呈茶担当係りは大忙しです。

IMG_5016.jpg

IMG_5022_20180702051307621.jpg



IMG_5017.jpg

IMG_5020.jpg




みなさんにお茶が行き渡り、私たち呈茶係りも一服をお相伴させて頂きました。
呈茶係りはみんな汗だくで、お饅頭もお茶もとても美味しく頂きました。

IMG_5025.jpg

IMG_5026.jpg



一連の行事を終え正午近く、帰り支度くの中ポツポツ雨が降り出してきました。
あまり大雨にならぬうちに終えて幸いでした。


先輩先生の茶道具運びを少しお手伝いしての帰り際、お庭に咲いていたバラを採って下さいました。
優しい色合いに心が和みますね。

IMG_5033_20180702051303cd7.jpg
一晩経ってお花が開いてしまった! 乾燥花にしましょう


午後、雨は本降りになってきました。




眼下に雲海の藻琴山

雨の多い日々です。
土曜日は幸いに晴れて気温も上がり、夏らしい日となりました。

前日、晴れたら屈斜路湖辺りは雲海が出るかもと思っていた通り・
早起きしてライブカメラを観ましたらその通りになっていました。
雲海の消えぬうちにと、早朝4時過ぎ藻琴山に向かいます。

道中郊外では朝霧がたなびいて、美しい里山になっています。

DSCN9702_20180630114345ef6.jpg



5時半、ハイランド725につきましたら、だれもいなかったです。
準備をしていましたら、後続2名が見えました。
入山名簿では、先行者は午前2時~4時に歩いた一名だけのようです。
4時ころの雲海はモクモクでしたね。
雲海はまだ流れています。

DSCN9708_201806301146506e6.jpg

DSCN9709_20180630114652e6e.jpg



しばらくして、カメラの設定がずれたことに気づかず、途中までハイキーで飛んでいる画像ばかり_ _;
雲海がよく分からず残念。

DSCN9722_20180701054048cc5.jpg




足元には御前橘がたくさん咲いてきれいでした。
15分ほどで尾根に出ます。
前日までの雨で、登山道は湿り気があり歩きやすいです。
気温は12度、屈斜路湖の雲海を眼下に観ながら快適トレッキングです。

DSCN9807_201806301208387f0.jpg


 ウラジロナナカマド、、オガラバナ、ミネカエデ、マルバシモツケなど花盛りでした。

DSCN9745_20180630115709cec.jpg

DSCN9724_20180630115714eb7.jpg

DSCN9735_20180630115706a19.jpg

DSCN9737_20180630115708fb9.jpg

DSCN9760_20180630120829813.jpg



写真を撮りながら屏風岩です。
ここには薄紫のエゾフウロソウが花盛り。

DSCN9746_2018063012003039e.jpg

DSCN9752_20180630120033983.jpg


紅色のエゾツツジも岩場にきれいです。

DSCN9751_201806301200330c7.jpg

DSCN9753_20180630120034a09.jpg

DSCN9755.jpg




山頂がきれいに見えています。

DSCN9763_20180630120830599.jpg


雲海とお花を楽しみながら、1時間弱で山頂です。
吹き抜ける風が気持ち良い!

DSCN9781_201806301208326c1.jpg

DSCN9766_2018063012133709f.jpg

IMG_4981.jpg



この山頂から湖沿いの尾根筋、美幌峠経由津別峠の20㎞のトレッキングコースが整備されるようです。
どんなもんでしょうね…

DSCN9777_20180630121339899.jpg



山頂直下にもエゾフウロソウがたくさん咲いています。
休憩しているうちに、雲海がだんだん消えていきます。
気温が上がって、20度を超えるくらいになってきました。
暑いです!

DSCN9782_201806301215510b0.jpg

DSCN9786_20180630121553da1.jpg



下山時は登ってくる人が多くなってきました。
私と、後続2名の方は雲海を楽しむことができてラッキーでした。

DSCN9804-001.jpg




7時半に下山した時は雲海がなくなっていました。
少し霞んだ斜里岳が綺麗です。

DSCN9809_2018063012181911e.jpg



登山口駐車場には、道外ナンバーの車も何台か・
広島から北海道に来て2週間になるというご夫婦。
この期間、お天気が悪すぎました。
これから藻琴山に登るそうですが、気温も上がって虫も多くなってきましたよ。




帰り路、国道の電光掲示板には気温26度と表示されていました。
湿度も高く、急に真夏ですね~


山路ではツルアジサイが花盛り・
和製ライラック、ハシドイも白い花を着けています。

DSCN9811_20180630121821583.jpg




日暈と環水平アーク

土曜日、気温が上がっています。
暑い!
雲がもくもくしているけれどお陽さまが眩しい!

こんな虹が出ていました。

DSCN9814_20180630125345a3b.jpg
DSCN9830_2018063012534741f.jpg
DSCN9827_20180630125346a5f.jpg
DSCN9833_2018063012535062e.jpg
DSCN9835_2018063012535222d.jpg

中学校の同窓会へ

何時の間にか、同窓会終了後の「クラス会便り」編集が私のところに舞い込んできました。
23日(土曜日)網走にての同窓会に出席しました。
近年は出席率の良いハマナスです。

DSCN9669_20180628181605b7d.jpg
会場のホテル

DSCN9666_201806281816087f8.jpg
ホテル中庭にエゾリスが来ていました



前回から3年目の開催で、参加した常連の方はそう変わり映えがない!
超~久しぶりの参加者は、一瞬考え”あぁ~○○さん?”と。
中学卒業後、53年の歳月が流れました~


IMG_4804.jpg
恒例の"宝引き (ホウビキ)"で盛り上がる


私たちは団塊世代の最終組。
田舎でしたので1クラスでしたが、それでも55人も詰め込まれていました。
1クラスと云うことで、団結力はあるかも知れませんね。
担任の先生は残念ながら他界されていますが、お元気な先生は時々参加して下さいます。


積もる話で解散したのは午前を廻って.。
夜にロビーで行われる語りべを聞き逃しました。
残念!

2~3時間は眠れたでしょうか・
4時起きで、朝温泉に入ってスッキリ!
私は当日のお茶会準備に急ぎ北見へ帰りました。

次回開催はもう古希を迎えます。
みんな、そんな感じはサラサラないのです… _ _;


さぁ、お便り作りを急ぎましょう。

IMG_4974_20180628183337fcd.jpg




雨の谷間の晴れに仁頃山

週間予報を見ますと、まるで梅雨のような感じ。
北海道にも梅雨の季節が出来てきたのでしょうか。

26日、日中数時間の貴重な晴れ間に、緑濃い仁頃山を歩いてきました。
8時前、山頂はガスに覆われています。

IMG_4858.jpg


8時準備をして登山道に入ります。
気温は10度を超えた辺り、虫も殆どいなくて快適です。
山は益々緑濃くなっています。
鳥の囀りを聴き、お花や樹を見ながらゆっくり歩き進みます。
・と云うより、年相応に足が進まなくなった感じです ^^;

IMG_4865.jpg



早朝常連さんがもう下りてきました。
お元気なシニアパーティーの皆さんです。

IMG_4884.jpg


四葉のクローバーを見つけて、ちょっとうきうき!

IMG_4882.jpg


マタタビやクワの実が色むころ、また来れるでしょうか・

IMG_4934.jpg

IMG_4955_20180627052114b48.jpg

IMG_4878.jpg クルマユリ


イチヤクソウたちは高山のお花できれいですね。

IMG_4919.jpg 紅色がきれい

IMG_4924.jpg


オオカサモチがレース編みのように開いて、夏ですね~

IMG_4922.jpg



霧が晴れて、気持ち良い蒼空が広がってきました。

IMG_4892.jpg



平日の今日は、懐かしき多くの常連さんと行き交わしました。
近況の言葉を交わすのも嬉しいものです。
私は山歩き、ご無沙汰ばかりでしたから・

IMG_4896.jpg
あっという間に先へ進む健脚常連さん


山頂は晴れています。

IMG_4900_20180627054101255.jpg


遠くは雲が掛かっています。
また雨になるのでしょう、不穏な雲です。

IMG_4906_20180627054104a59.jpg

IMG_4902.jpg


気温10度。
とても爽やかな山頂で、ゆっくり15分ほど休んで行きます。
凍らしてきたゼリーが程よく融けかかって美味しい!

IMG_4908_20180627054533508.jpg



下山後は温泉に行く予定なので、そろそろ引き返しましょう。
山頂に建つ、この碑の周りにフランスギクがたくさん咲きそうでした。

IMG_4916.jpg



下山時は、登ってくる方が多かったです。
常連さんが多かったですね。

IMG_4931_2018062705571568c.jpg

IMG_4928_201806270557140f0.jpg


木漏れ日の中爽やかな登山道です。

IMG_4944.jpg

IMG_4946.jpg


オトシブミがたくさん落ちています。

IMG_4948.jpg

では、一句。

ー 山路に だれに宛てたか おとしぶみ -



車に戻ったら、着替え道具を忘れたことに気付く_ _;
家に帰りましょう!
今日の山滞在は2時間半。


ダム湖は山の緑を映し”青山緑水”

IMG_4958.jpg


外来種、フランスギク・コウリンタンポポも集団になるときれいなものです。

IMG_4961_20180627055711bb9.jpg


空には鱗雲。
こんな爽やかなお天気が続くと良いのですが…

IMG_4965_201806270557131c5.jpg



桜鱒の遡上

また寒くなってしまいました。
日曜日の夕立から一変、低温注意報です。
今日は斜網方面は一桁の気温です。

今朝は寝過ごして目が覚めたら7時過ぎ。
ビックリして飛び起きました~ ^ ^;
昼になってしまう!


お天気は下り坂でしょうか・
雨の心配はなさそうで、川湯温泉のイソツツジを見に行くことにしました。

10頃家を出て美幌峠に寄りましたら、風が強く寒いッたらありゃしない。
直ぐ川湯に向かいます。

屈斜路湖岸線は緑濃く良い木陰ができています。
今日は陽射しもなく寒々しい。
緑の中に鮮やかな毛並のバンビたちが飛び跳ねています。

DSC_1302_2018062520033762a.jpg

DSC_1300_20180625200336e2b.jpg



DSC_1296_20180625200334fbb.jpg




エゾイソツツジはもう終盤なのかナ?
花が少し少なくなっています。
こちらも寒い!


IMG_4846_20180625201240ab4.jpg

IMG_4843_20180625201238dff.jpg

DSC_1304_20180625200928a8e.jpg


CSC_1433_20180625200757e36.jpg

DSC_1315_201806252009355be.jpg

DSC_1317_2018062520092663f.jpg



写真を数枚写して野上峠を越え、清里サクラの滝へ向かいます。
滝駐車場までは、完全舗装の良い路が着いています。

山の中、クマ注意の看板あり。
先行者ありでホッとして滝へ。
駐車場から直ぐです。

DSC_1403_20180625201553ec7.jpg

DSC_1318_201806260448510a4.jpg




最近は雨が多いので、滝の勢いが凄い!
滝の落差は4mほどあるでしょうか・
桜鱒はこの滝を越えようとするのですから、なんと云う力でしょう!
次世代に命を繋ぐ力に圧倒させられます。

DSC_1402_20180625201552455.jpg

CSC_1430.jpg

CSC_1429.jpg

CSC_1427.jpg

CSC_1434_20180626045212172.jpg

CSC_1435_20180626045213392.jpg



30分ほど写真を撮ったり見ていましたが、寒い!
6~7度くらいでしょう。
近くの道の駅「 パパスランドさっつる」で温泉に入って行きましょう!

清里町の特産はジャガイモ。
「パパス」はスペイン語で「ジャガイモ」の意味。

IMG_4851.jpg

IMG_4853.jpg

IMG_4854.jpg
露天風呂

きれいなお風呂でした。
42.8度のお湯で温まりました~


スケートの岡崎選手はこちらの出身です。
数々の活躍の軌跡が展示されています。

IMG_4855_201806260459542c6.jpg



浜小清水の海岸廻りで帰ることにします。
原生花園は見頃のようですが、ガス模様です。
ドサンコたちを見て花を少し観て、寒いので帰ります。

DSC_1407_20180626050935c62.jpg

DSC_1404_20180626050935016.jpg
車を駐車場に入れている間に 遠くに移動してしまいました


DSC_1414_20180626050938d03.jpg

DSC_1417_2018062605094108d.jpg

DSC_1419_201806260509443dd.jpg

DSC_1422_20180626050933bda.jpg


爽やかな初夏の空が続きません。
また雨続きのようで、北海道にも梅雨の季節ができてきたのでしょうか。





慈善茶会

6月最終日曜日。
夏のイベント盛りだくさんのオホーツク。

サロ湖100Kウルトラマラソン
湧別町から常呂町までのサロマ湖沿線100㎞を走りぬきます。

slider02.jpg



置戸町“人間ばん馬”
鉄製のソリに300kg、500kgの丸太を積み、5人または7人で全長80mのコースを引っ張って順位を競います。
優勝賞金は50万円・7人曳きは30万、力が入ります。

kairiki_20180624204948fe3.jpg




当市、表千家・裏千家茶道連盟による慈善茶会が行われました。
茶会券代金の一部を日本赤十字社を通じて、福祉団体へ寄付させて頂きます。


私は事務局担当で前日会場準備、当日は9時から17時まで会場の市民会館にて、受付座配と走り回っていました。
前日夕から中学校のクラス会に出席、朝帰りで慈善茶会が終わったら流石に疲れた感じです^^;

IMG_4818_20180624212805b7c.jpg




開場10時前には続々とお客様の来場。
200名ほどの来場で、薄茶席(裏千家担当)立礼席(表千家担当)は15時過ぎまでフル回転でした。

IMG_4821_20180624212808b7c.jpg


ステキな帯の方

IMG_4823.jpg
唐子絵

IMG_4820_20180624212806635.jpg
金魚絵




其々のお席では季節のお花が見事に入れられ、清々しいお席となっておりました。

薄茶席

IMG_4835_20180624212942752.jpg


お菓子は薯蕷饅頭

IMG_4838_20180624212812019.jpg




留学生が揃って和服で参加下さり、華やかなお席となっておりました。

IMG_4829_20180624212811c62.jpg



立礼席

IMG_4831.jpg

お干菓子2種
千鳥と波

IMG_4840.jpg
千鳥は無し


表千家・裏千家其々の流派の特色を生かしたお席で、みなさん楽しくお茶を頂いたのではないでしょうか。

お昼頃からスコールが時々。
夕方の雨から、気温がぐんと下がったようです。

来週末は裏千家淡交会で、再来週週末は表千家さんの行事と続きます。
この夏の行事を終えると、ちょっと一段落でしょうか・
茶会は準備も滞りなく、なかなかエネルギーの消耗することです。





6月の茶道

真夏を迎える前の6月のオホーツクは爽やかな季節です。
育てている茶花もいろいろ咲気だし重宝します。
また、お菓子も季節ならではの楽しみがあります。



DSCN9232_20180621062634352.jpg
八重咲き延齢草

IMG_4757.jpg
菖蒲



私たちサークルでは、6月は野点にも良い茶箱点前を集中お稽古です。
茶箱の平点前と云われる「卯の花点前」をお道具の拝見付きで。
季節の「花点前」を楽しみました。


IMG_4790.jpg
卯の花点前道具拝見


IMG_4784.jpg
花点前




趣向を凝らしたいろいろなお菓子も楽しみです。


オトシブミと云う虫の仕草から得たものでしょう。

2012060906440297f_20180621062308890.jpg
おとしぶみ


紫陽花3種
サークルのお菓子作り達人yu-koさんのお手製。

IMG_4747.jpg
紫陽花


会合にて

IMG_4729_20180621062351704.jpg


お干菓子

IMG_4796.jpg
讃岐の和三盆



毎年頂く定番のお菓子

IMG_4625.jpg
若鮎



これまたお菓子作り達人yu-koさんのお手製

IMG_4781.jpg
水無月

半年を無事に過ごしたことへの感謝と、また残り半年を無事に過ごして行けますようにと!
みなさんで美味しく頂きました♪




ニセアカシアの花

夏至の日の食として、ニセアカシアの花の天ぷらは私の定番になりました。
今年は寒い日が続いた6月で、ニセアカシアの花は丁度見頃食べ頃となっております。


北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ(針槐)。日本には1873年に渡来し街路樹として植えられましたが、繁殖力が強く空き地などに目立って増えています。

DSC_1282_20180620080149270.jpg



花は甘い香りが強いですが、天ぷらにすると香りも薄れサクサクとして食べやすいです。
葉は毒性がありますので、食べられません。
和名ハリエンジュ(針槐)と云う名の通り、茎に針状のトゲがあります。
花の房にはありません。

DSCN9470_20180620080758299.jpg


検索してみましたら、他に酢漬け・ニセアカシア酒などがありました。
また、ニセアカシアのハチミツはこくがありますね。




«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます